体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャットモンチー、トリビュートアルバム名変更&内容を公開!

3月28日(水)発売のチャットモンチーのトリビュートアルバムタイトルが『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』に変更されることが発表された。チャットモンチーメンバーいわく、「届いた音源から伝わる『これが私のチャットモンチーだ!』という熱い想いをタイトルにしたくなった」との事で、それを反映したタイトルとなっている。
アルバム『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』 (okmusic UP's)

そしてついに全収録アーティスト、収録曲目、参加アーティストオーディションの結果が発表された。今回第二弾アーティストとして追加発表されたのは、スチャダラパー、月の満ちかけ、ペペッターズの3組。スチャダラパーとチャットモンチーは、2015年に発売されたスチャダラパーのアルバム『1212』にて「スチャットモンチー」という名義で「M4EVER」という楽曲を制作しており、今回はオリジナルの楽曲素材を使用した「スチャットモンチー ver.」となっている。「月の満ちかけ」(東京)と「ペペッターズ」(兵庫)の2組は、事前に開催されたトリビュート参加アーティストオーディションで選出された最優秀賞受賞ア―ティスト。オーディションには全国から645組の応募があり、メンバーとスタッフにより厳正な選考が行われた。当初予定には無かった特別賞(※アルバムには未収録)も3組が選ばれた。結果発表とメンバーによるコメントがオーディション特設ページにて掲載されているので、是非チェックして欲しい。

収録アーティストは全16組。参加アーティストが好きな楽曲を選んでカバーを行っており、愛にあふれたカバーアルバムとなっている。またグループ魂「恋愛スピリッツ」には、橋本・福岡が参加。暴動こと宮藤官九郎氏が書き下したスナックスナック「チャットモンチー」を舞台にした、港カヲル氏、橋本、福岡の3人によるコントも収録されている。

そして本アルバムのジャケット写真も初公開された。橋本・福岡の二人が、イラストレーターの白根ゆたんぽ氏によって絶妙にイラスト化された、ポップなジャケットとなっている。

■オーディション特設ページ

http://www.sonymusic.co.jp/sd/chat-tribute/
【タイトル変更について コメント】

■チャットモンチー

「届いた音源から伝わる「これが私のチャットモンチーだ!」という熱い想いをタイトルにしたくなったので『My CHATMONCHY』という名前にします!みなさんに末永く愛されますように」
アルバム『CHATMONCHY Tribute ~My CHATMONCHY~』
2018年3月28日発売

KSCL 3099/¥3,200+税

※初回生産限定盤

※デジパック仕様

※「CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~」&「チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 ~みな、おいでなしてよ!~」チケット先行用紙封入

<収録曲>

01.ハナノユメ/忘れらんねえよ

02.Make Up! Make Up!/CHAI

03.シャングリラ/ねごと

04.初日の出/People In The Box

05.惚たる蛍/Homecomings

06.こころとあたま/ペペッターズ

07.バスロマンス (Inst.)/ YOUR SONG IS GOOD

08.きらきらひかれ/フジファブリック

09.世界が終わる夜に/集団行動

10.真夜中遊園地/川谷絵音

11.湯気/Hump Back

12.恋愛スピリッツ/グループ魂

13.余談 (スチャットモンチー ver.)/ スチャダラパー

14.染まるよ/きのこ帝国

15.小さなキラキラ/月の満ちかけ

16.東京ハチミツオーケストラ/ギターウルフ
【ライブ情報】
『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~』

7月04日(水) 日本武道館

『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 ~みな、おいでなしてよ!~』

7月21日(土) アスティとくしま

7月22日(日) アスティとくしま
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。