体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空も水中も自由自在のドローン「EagleRay」は水中音波で生物探索も

ドローンといえば、遠隔操作や自動制御で空を自由に飛ぶ航空機を連想する。最近では、水中用のドローンも一般ユーザー向けに市販されている。

しかし今回紹介するのはなんと、空と水中の両方を自由に動くことができるタイプ。ノースカロライナ州立大学が開発中の「EagleRay」だ。

・空からダイブも

EagleRayはプロペラ飛行機のミニチュア版といったデザイン。全長140センチメートル、長めの主翼に水平尾翼と垂直尾翼、そして鼻先にプロペラを備える。

何の変哲もなさそうだが翼とプロペラは水陸両用で、これらをフル活用して、空を舞っていたかと思うと着水して、さらに潜るという芸当をしてみせる。

・ソナーで生物の場所を探知

しかも、このドローンは水中音波装置も搭載していて、生物の居場所を感知してそこに素早く移動するということもできるのだという。

想像のついた読者もいるかと思うが、EagleRayは生物観察などでの使用を想定している。開発チームによると、たとえばイルカが水面をジャンプする時は空から、水中に潜って餌を食べるシーンは水中から撮影する、という使い方ができるとしている。

現在はまだコントローラーの改良などを重ねている段階とのことだが、空と水中をシームレスに撮影した映像が当たり前のように観られる日はそう遠くないのかもしれない。

EagleRay/NC State University

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy