体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

病院に行く前に家庭で肺の音をチェックできるワイヤレス聴診器「StethoMe」開発中

喘息など呼吸器系を患う子どもを抱えると、頻繁に病院に通うことになる。咳き込んだりするだけで、ひょっとしたら深刻な状態なのかも、と心配になるからだ。

しかし、できることなら通院の回数は抑えたい。そこで、ポーランドのアダム・ミツキェヴィチ大学が開発中なのが、家庭で肺や心音をチェックできるワイヤレス聴診器「StethoMe」だ。

・機械学習データに照らして判断

StethoMeはチューブなしの聴診器といった形状で、サイズ的には実際の聴診器より一回りほど大きい。これを胸などにあてていくのだが、インストラクションはアプリで指示されるので、医療従事者でなくても扱える。

胸や背中に当てるとStethoMeは心音や呼吸時の肺の音を拾い、機械学習をベースにしたアルゴリズムを活用しながらデータを処理するという仕組み。そして、最終的に異常がないかどうかを判断してくれる。

・額にかざして体温測定も

異常の有無は聴診器の背面に表示されるほか、ワイヤレスでスマホにも情報が送られる。

そのほか、StethoMeでは額にかざすだけで体温測定もでき、場合によっては、それらのデータをかかりつけ医と共有し、さらなる判断を仰ぐということができる。

StethoMeはすでにいくつかの病院で試験使用され、機能は実証済み。あとは生産体制を整えるばかりとなっている。

どの家庭にも体温計があるように、こうしたスマートガジェットが普及すれば、適切かつ効率的な医療につながりそうだ。

StethoMe

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。