体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先での英語が不安…がこれで解消!ひとり旅必須アイテムの英会話本がTABIPPOから発売

旅先での英語が不安…がこれで解消!ひとり旅必須アイテムの英会話本がTABIPPOから発売

今年は去年より旅出るぞ!と心に決めている、専属ライターの桃(@XxPeach)です。

「英語が話せないから、旅に出るのが不安…」「英語が話せたら、もっと旅が面白くなるかもしれない…」

前者は私が旅に出る前に抱いていた不安です。後者は初めてのひとり旅から帰ってきたときの気持ちです。中学校・高校と英語が苦手で、それでも少しは口に出せるかなと思っていましたが、現地の方とまったく意思の疎通ができず、ただ写真で見た建造物を実際に見て、帰ってきてしまいました。

 

今回、TABIPPOから新しい本が出ました。その名も「ひとり旅英会話BOOK」。この本はただの英会話本ではなく、旅先での英語に関する不安や疑問を解消しながら、先輩旅人の旅でのエピソード、旅先で使えるネタがぎゅっと詰まった一冊なんです。

それではこの本の魅力を少しだけ内容をお見せしながら、詳しくご紹介します。

 

「ひとり旅英会話BOOK」ってどんな本?

「旅に行くなら休むことにNOと言わない」という社内ルールがあるほど、世界で一番旅が好きな会社「TABIPPO」。社員のほとんどが世界一周を経験しており、関わる人も旅好きばかりの会社です。

日本最大の旅イベント「旅祭」や旅を夢見る若者を応援する「BackpackFESTA」、旅人が講師になって週末を中心に様々な講義を行う「旅大学」など、旅に関する楽しい事業を多く行なっています。

 

「ひとり旅英会話BOOK」は、事業の一つのモノづくりブランド「PAS-POL」が手掛けたもの。もっとたくさんの若者に旅をしてほしい、という想いで、本や雑貨などのモノづくりをいろは出版と一緒におこなっている事業です。

PAS-POLが中心となって、TABIPPOに関わるたくさんの人と一緒に作った英語の本が、今回新たに誕生しました。

英語は世界共通語と言われるほど、世界中で多くの人が話す言語です。

「中学校の時に習った英語を使えば大体通じる」と言われていますが、「ここでこれを言いたい…」「ここで使いたい…」と思った時に、英語がパッと出ない思いをした方も多いはず…。伝えたいのに伝わらないもどかしさ、分かります。

 

そんな時はこの本をチェック!これまで多くの場所に旅をし、「こんな場所でこんなフレーズ使えたよ」「こんな状況でこんなこと聞かれたよ」という、とてもリアルなフレーズとその返しが紹介されています。

 

写真を撮ってもらいたい!そんな時は…

「フォトグラファーじゃないのに、写真撮りすぎじゃない?もっとこの景色を楽しみなよ」

日本人ってよく写真を撮るよね、とグループで観光をしていた外国人に言われました。そう言われれば、普段見ることができない素晴らしい景色を目の前にすると、思わず「誰かに見せたい!」という思いが次に来てしまいます。

そんな時は笑顔で一言、「We like to save memories in photos!(思い出を写真に残すのが好きなんです)」。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。