体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光とサウンドを駆使した睡眠用マスク「Dreamlight」

以前、BOSEが就寝用イヤホンをIndiegogoで発表して話題となったが、最近就寝用アイテムが注目を集めているようだ。今回紹介する「Dreamlight」もその手のもの。

こちらはイヤホンではなく、頭部にグルッと巻いて使う睡眠用マスクなのだ。

・快眠の秘密は光?

このマスクの秘密は「光」。マスクの目元部分に搭載されているオレンジライトが呼吸のペースに合わせてうっすらとついたり、消えたりする。

ハーバード大学の記事によると、呼吸はリラックス状態を生み出す上で大変重要だそうで、ユーザーがこのペースに合わせて呼吸をすることで、深い自然な睡眠を促すそうだ。

設定した時刻に近づくにつれ少しずつ目元が明るくなっていくので、朝は自然に起きられるようにもなるそうだ。

・心地よいサウンドを流すことも

また、スマホのアプリ上で快眠を促す数種類のサウンド(「自然」「ホワイトノイズ」「(リラックスできる)音楽」「バイノーラルビート」「ASMR」)を設定することができる。

本体にはスピーカーがついているので、耳元でこれらのサウンドを聴きながら眠れる。そのほか、心拍計やジャイロスコープもついているので、睡眠度合いを計測することができるのも嬉しい。

目元だけというよりは、頭全体を包みこむようなアイマスクなので、装着感は良さそうだ。値段は今ならIndiegogoにて169ドル(約1万8000円)から出資注文することができる。発送は2018年4月頃を予定している。

この手のアイテムは効果に個人差もあるはずなので、誰にでもオススメできるとはいえないが、ハマる人にはハマるアイテムなのかもしれない。

執筆:Doga

Dreamlight/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。