体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イチオシはローストビーフ! 第一ホテル東京の「世界バイキング」

イチオシはローストビーフ! 第一ホテル東京の「世界バイキング」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。今週は「ゆったりリッチにホテルブッフェ特集」と題して、グルメジャーナリストで、一般社団法人日本ブッフェ協会代表理事の東龍さんが、おすすめのお店を紹介しました。

ホテルブッフェは帝国ホテルが発祥で、今年は誕生して60周年というメモリアルイヤーです。2月13日(火)のオンエアでは、新橋にある第一ホテル東京の世界バイキング「エトワール」を紹介。

「第一ホテル東京は、世界バイキングを最初に始めたホテルです。ブッフェは洋食にフォーカスされがちですが、世界各国の料理でブッフェをやろうと始めました。洋食はもちろん、和食や中華もあります。そして料理人が目の前で作ってくれるんです。そこは非常にオススメです。常に新しいことをやっているホテルです」(東龍さん)

業界初として各国の料理が食べられる世界バイキングを始めた第一ホテル東京。同ホテル統括マネジャーの高橋恵さんが、世界バイキングが始まった経緯を教えてくれました。

「昭和37年、東京オリンピックが開催される2年前に世界20ヵ国以上の料理をバイキング形式で提供するお店をオープンしました。25年前に第一ホテル東京がオープンしたのを機に世界バイキング『エトワール』に店名を変えました。現在のエトワールでも、世界の料理を提供しています。特に中国料理、西洋料理、日本料理、デザートを中心に、お客様の目の前で仕上げるライブキッチンで、でき立てのお料理を提供しています」(高橋恵さん)

統括シェフの宇井克也さんにオススメ料理を伺うと、いち押しはアメリカ産のロースを使って低温でじっくり焼き上げたローストビーフ。ほかにも、黒毛和牛の丼ぶり、大きなチーズの中でからませてその場で作るパスタ、色とりどりの海鮮の幸を使ったミニ寿司丼など多彩なメニューを挙げてくれました。

こちらのブッフェは、平日、土日祝日ともに予約必須とのことです。ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」

放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。