体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアバスA321LR、大西洋横断飛行に成功

エアバスA321LR、大西洋横断飛行に成功

 2018年2月13日(現地時間)、エアバスの小型ジェット旅客機A321LRがパリ〜ニューヨーク間の大西洋横断飛行に成功しました。A321LRはA321neoの長距離型(Long Range)で、最大7400kmの航続距離を持つモデルとして設計されましたが、今回の大西洋横断飛行でその航続性能を証明した形になります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 A321LRは最大離陸重量をA321neoの93.5トンから97トンに引き上げ、さらに3つ目の燃料タンクを追加して航続距離を増加させた長距離型。燃料タンクを追加した場合は最大206席、追加しない場合は最大240席となります。現行で同じくらいの席数を持つボーイング757-200よりも180km航続距離が長く、1席あたりの運航コストが24%低いということを売りにしています。ローンチカスタマーはアメリカの航空機リース大手、エアリース・コーポレーションです。

 大西洋横断飛行を行なったのは、2018年1月31日に初飛行したA321LRの初号機。今回の大西洋横断に際し、機体にはエッフェル塔と自由の女神が描かれ、それを線でつなぐことで、パリとニューヨークを結ぶということを表しています。

 パリ郊外のル・ブールジェ空港を午後に離陸したA321LRは、北大西洋航路を8時間半あまり飛行し、マンハッタンの夜景が迎えるニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に着陸しました。

 7400kmという航続距離は、需要の多い2つの路線にA321LRが対応するということを示しています。ひとつは今回飛行したアメリカとヨーロッパを結ぶ路線、そしてアジア各地を結ぶ路線です。現在ボーイング757、767などが使われていますが、これらの機材がそろそろ世代交代を迎えるため、この市場を受け継ごうというわけです。すでに100機以上の注文を受けており、型式証明は2018年第二四半期、顧客への引き渡しは2018年後半を予定しています。

 Image:(c) Airbus

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

カナダ、NATOのAWACSプログラムに復帰
自衛隊も参加・多国間訓練「コブラゴールド」もうひとつの重要任務
ロッキード・マーティン、400機目のC-130Jを納入

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。