体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上質な空間で旬の食材を堪能できる“日本料理店”が品川に誕生


忙しい毎日の中、ここに来ればゆったりとした時間を取り戻せる、そんな上質な和食の空間がJR品川駅から徒歩5分の好立地に登場。自分へのご褒美や大切な人との時間をシェアするひとときに訪れたい、素敵なお店をご紹介しよう。

2月26日(月)にオープンする「隠れ房 品川 四阿(かくれぼう しながわ あずまや)」は、素材本来の味を最大限に引き出した和食を提供するお店。


和食古来の形や食材にとらわれず用意されるメニューは、盛り付けや調理技法、器などに遊び心を取り入れ、目でも楽しめるよう工夫。水にもこだわり、高知県・四万十川最源流地の軟水を使うことで、料理の風味をさらに引き出している。また、米も毎日店で精米したものを土釜で炊き上げ、うまみと甘みのあるモチモチの歯ごたえに仕上げている。


花や植物の名前を冠したメニューは、ランチ:平日3000円~/ディナー:8000円~(ともに税・サ料別)で楽しむことができる。


店内は料理人の技を眺められるカウンター席のほか、接待などに利用できる個室も用意。上質な空間でうけるきめ細やかなもてなしは、特別な時間を演出してくれるだろう。


丘の上や庭園などに設けられる休憩のための建物・四阿/東屋(あずまや)で休むように、「隠れ房 品川 四阿」でせわしない日々にふと立ちどまり、ゆっくりと旬の食材を堪能してみたい。

■「隠れ房 品川 四阿」
住所:東京都港区港南2-16-5 品川グランパサージュ2 1F

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。