体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋田魁新報・佐々木希編集長が「秋田の魅力」をライブ配信!

秋田魁新報・佐々木希編集長が「秋田の魅力」をライブ配信!

 秋田の家庭にはだいたいある、という秋田県を代表する新聞「秋田魁新報」。現在その「秋田の魅力発信編集長」務める秋田市出身の女優・佐々木希さんが、2月17日にネット上でライブ番組を配信するそうです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 秋田魁新報は、1873(明治6)年に創刊した東北で最も長い歴史を持つ新聞であり、かつては犬養毅(元首相)が主筆を務めていたといいます。2017年11月17日からは、秋田市出身であきた美の国大使も務める女優・佐々木希さんが「秋田の魅力発信編集長」に就任。県内各地を取材し、紙面で秋田の魅力を発信してきました。2018年2月1日からはWebで見られる電子版にも進出。特設サイト「秋田ある記」で、佐々木希さんが書いた記事や、取材時の動画を発信しています。

 2018年2月12日には、佐々木希さんの取材記事第5回、大館市の秋田犬会館を訪ねた記事「人気“受付嬢”に目細め 秋田犬のルーツ訪ねる」が公開され、忠犬ハチ公などに代表される秋田犬の魅力と、その歴史についてを紹介しています。カメラを携えた姿はなかなか様になっていて、立派な記者のたたずまいです。

 佐々木希さんの記事「秋田ある記」、現在までのラインナップは以下の通り。

第1回 大館・曲げわっぱ
第2回 湯沢・三関せり
第3回 大館・きりたんぽ
第4回 羽後・西馬音内盆踊り
第5回 大館・秋田犬

 さて、このように秋田県内を取材して回っている佐々木希「秋田の魅力」編集長ですが、これまでの取材活動を振り返るトーク番組が2月17日の20時からついにライブ配信されます。秋田県公式Twitterアカウント「あきたびじょんLive!」(@AkitavisionLive)と、facebookアカウント「あきたびじょん」で実施予定です。

 当日は秋田県内某所から、佐々木希さんが出演してライブ配信を行う予定だとか。どんなトークが展開するのか楽しみですね。取材活動でのこぼれ話とか、裏側の話がいっぱい聞けるとより魅力的かも。

 2月18日以降には特設サイト「秋田ある記」でアーカイブ配信もする予定なので、ライブ配信を視聴できなかった方も、また見たいという方も楽しめるそうですよ。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

中村倫也、久々の本気歌声にファン歓喜!AGC旭硝子「言えなかった男篇」で全力熱唱
2月14日は「ふんどしの日」!栄光の「ベストフンドシストアワード2017」大賞に菅田将暉が決定
新発見の遺跡に迫る「マヤ文明 密林に隠された真実」放送

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy