体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周中の私たちが虜になった!パタゴニアの絶景を巡るおすすめ周遊ルート

世界一周中の私たちが虜になった!パタゴニアの絶景を巡るおすすめ周遊ルート

こんにちは。TABIPPO世界一周ゼミ生で、2017年6月1日より夫婦でハネムーン世界一周に出発している前田夫妻です。私たちの旅のメインであった南米大陸での滞在が、すでに1ヶ月を過ぎました。

今回は、2週間かけて周遊したチリ、アルゼンチンにまたがるパタゴニア地方について。自然好きな私たちが虜になったこの地方の、オススメの周遊ルートを紹介します。

 

パタゴニア地方とは

パタゴニア地方とは、南米大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南のチリ、アルゼンチンにまたがる地域のことをさします。日本の約3倍という広大な土地で、南北に連なるアンデス山脈、フィヨルド地域、湖水地帯など、変化に富んだ地形をしています。

トレッキングなどのアクティビティに加え、ペンギンやアザラシなどの野生動物の観察や巨大な氷河の鑑賞など、自然好きにはたまらない、無数の楽しみ方がある地方です。

▲各都市は番号をクリックしてください。

南米大陸が夏にあたる11月~3月がベストシーズンで、その時期には世界各国から多くの観光客が訪れます。

パタゴニア地方の周遊は、大きく分けて最南端から北上していくルートか、北から南下していくルートの2つにわけられます。今回は最南端からの北上のルートを紹介します。

 

1都市目 ウシュアイア

ウシュアイアは「世界最南端の都市」として有名な、南アメリカ大陸最南端にあるフエゴ島に位置するアルゼンチンの都市です。首都のブエノスアイレスに行くよりも南極に行く方が近いという驚きの場所に位置しています。ブエノスアイレスからのフライトを使うのが一般的です。

1年を通して強風が吹き荒れ、夏でも平均気温は10度を下回る寒冷地帯で、町の背後にそびえる山は万年雪に覆われています。

町の観光案内所では、無料で「最南端到達証明書」を発行してもらうこともできますよ。

世界の果て列車やフエゴ国立公園などいくつかの見どころがありますが、その中でもおすすめしたいのは、ウシュアイアの町に面するビーグル水道で行われるツアー。

ウシュアイアの厳しい自然環境でこそ生まれるフラッグツリーや、野生のペンギンやオタリアに会えるツアーは魅力満載です!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。