体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デヴィッド・ボウイらの“永遠の時”をカメラに収めた写真家・鋤田(SUKITA)の初ドキュメンタリー映画、劇場用予告編解禁

デヴィッド・ボウイらの“永遠の時”をカメラに収めた写真家・鋤田(SUKITA)の初ドキュメンタリー映画、劇場用予告編解禁

 デヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、YMO、忌野清志郎ら、伝説のミュージシャンの“永遠の時”をカメラに収めた写真家・鋤田正義。この5月に傘寿(80歳)を迎える彼の軌跡をたどった初めてのドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が、2018年5月19日(土)に全国公開されることが決定した。

 さらに今回は、世界に名立たる面々が鋤田を語る劇場用予告編が公開された。布袋寅泰、ジム・ジャームッシュ、山本寛斎、糸井重里、リリー・フランキー、ポール・スミス、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏など、国内外を問わず第一線で活躍する世界的なアーティスト達がリスペクトして止まない、鋤田の人柄や撮影秘話などが語られる貴重な映像となっている。また、布袋寅泰のライブ会場で撮影する鋤田や、MIYAVIとのフォトセッションに臨む姿も収められてることも注目だ。

 そして、キーヴィジュアルも新たに紹介。1977年に発表されたデヴィッド・ボウイ『ヒーローズ』のアルバムジャケットをメインに鋤田が撮影した作品が揃い踏み。時代を駆け抜けた天才達の煌めく一瞬をとらえた写真家・鋤田正義と彼に関わった多くのアーティストたちの新たな一面を劇場で堪能できる作品となっている。

◎公開情報
『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』
2018年5月19日(土)より全国ロードショー

関連記事リンク(外部サイト)

故デヴィッド・ボウイ、霊媒師に死期を予言されていた? バンドのキーボーディストが明かす
故デヴィッド・ボウイ、2周忌に妻と娘がタトゥーで追悼
故デヴィッド・ボウイ、「レッツ・ダンス」の未発表デモ音源が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。