体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気中華料理店の「担々麺・汁なし」と「黒酢の酢豚」

2月15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、女優さんの行きつけ店を当てるコーナーで、「マサズキッチン・恵比寿」(東京都渋谷区)が紹介された。JR恵比寿駅東口徒歩5分程にある同店は、伝統的な中華料理の技法に洋のエッセンスを取り入れたオリジナルのメニューを提供しているお店。「前菜6種の盛り合わせ」(2,800円/税込み)や「特製シュウマイ」(1,200円/税込み)など最大限に素材の味を引き出した優しい味わいの料理が楽しめる。「フカヒレのあんかけ土鍋ごはん」(3,500円/税込み)などフカヒレを使った料理も有名で、アラカルトも可能だがコース料理が人気なのだそう。

「担々麺・汁なし」(1,500円/税込み)は、自家製ラー油と酢がきいたタレに硬めに茹でられた細めの玉子麺を合わせ、豚ひき肉やたくさんの青ネギ、白胡麻、松の実、パクチーをトッピングし、挽きたて山椒をかけて仕上げたメニュー。麺を頬張った新妻聖子さんは一度お店のマネジャーを見上げ無言で頷き、滝菜月(日本テレビアナウンサー)さんは「ちょっと甘辛、でもお酢でさっぱりしてます。辛さはやや残るんですけど、すっきりしてる味です」とコメントした。

「黒酢の酢豚」(2,500円/税込み)は、衣を付けて揚げた群馬県産のブランド豚肉「くちどけ加藤ポーク」の肩ロースに本場中国の黒酢を合わせた一品。新妻さんは酢豚を頂くと少しむせ、絞り出すような声で「美味しい・・・!」とコメント、滝さんも一口頂いて「上品な酢豚です。結構厚みのある衣なんですけど、サクッとしてるから油っこくないというか、軽くて。中がほんとに煮込んだお肉なんじゃないかっていうか、柔らかいです」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:MASA’S KITCHEN (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:恵比寿のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:恵比寿×中華のお店一覧
麺が見えないほどの豆腐あんが注がれた「トーフラーメン」
鶏の旨味を凝縮した「冷たい肉そば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。