体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

麺が見えないほどの豆腐あんが注がれた「トーフラーメン」

2月15日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、全国的には知られていないけれども地元では人気の麺料理について特集したコーナーの中で、「トーフラーメン幸楊」(埼玉県さいたま市桜区)が紹介された。

ラーメン店である同店では「トーフラーメン」(650円/税込み)や「半ライス・モヤシ付き」(50円/税込み)がメニューとして紹介された。
「トーフラーメン」は豆腐で麺が見えないほどの存在感があり、マーボー豆腐のようなピリ辛っぽい赤身がかった見た目のメニュー。このラーメンスープはトンコツ・鶏ガラ・煮干し・野菜などを使用したもの。豆腐のあんは注文が入ってから作るそうで、豚ひき肉をにんにく・ショウガで炒めてラーメンスープを加えてしょうゆ・砂糖で味付け。絹ごし豆腐一丁とウズラの玉子を入れ水溶きかたくり粉でとろみを付けて香り付けのゴマ油とラー油を少々加える。最後にしょうゆラーメンに豆腐あんを注いで完成だ。

池田沙絵美さんが「トーフラーメン」のスープをいただくと「ん~ん!やさしい!辛いのかと思いきや甘みとコクのあるしょうゆの味が際立っていてやさしい味ですね」とコメントし、麺を食すと「豆腐のなめらかな口ざわりに麺のツルツルっと喉ごしのいい食感が加わることで口の中でいいバランスになるんですね」とコメントした。
続いて「半ライス・モヤシ付き」と一緒にいただくと「豆腐のなめらかさがより一層引き立ちますね」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:トーフラーメン 幸楊 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浦和のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:浦和×ラーメン・つけ麺のお店一覧
麺が見えないほどの豆腐あんが注がれた「トーフラーメン」
鶏の旨味を凝縮した「冷たい肉そば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。