体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』チートス&かりんとうのいいとこ取り!和洋折衷スナックが意外にも美味しくてびっくり!!

チーズ味だから「チートス」だと思っていたら、耳を疑うような新味が登場。その名も『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』。アメリカ生まれのチートスと、日本生まれのかりんとうがコラボした和洋折衷スナックだ。果たしてこれは、アリなのか!?

製造者は創業90年を超える老舗かりんとうメーカー

ジャパン・フリトレー株式会社『かりんとすはちみつ黒糖』(40g・実勢価格 税込149円・2018年1月30日ファミリーマート、サークルK、サンクス先行発売※数量限定)は、濃厚チーズがおいしいチートスに、かりんとうの技術を加えた新しいスナック菓子。オレンジ色のパッケージは、通常の「チートス」より小さめサイズで、チャックの付いたスタンド袋。「チートス」を思わせるデザインを残しつつも和風の要素が満載で、人気キャラクター、チェスター・チーターも忍者のような出で立ちだ。

カロリーは1袋あたり209kcal。糖類は13.6g。原材料を見ると、チーズは含まれていないことがわかる。という事は”トス”のみということ?

 

気になったのは、製造者である株式会社旭製菓。調べてみると、1924年創業の老舗かりんとうメーカーだということが発覚。単なる黒蜜味ではなく、かりんとう部分にもこだわっていることがよくわかる。そして、この時点で「おいしい」ことも、ほぼ確定と言えるだろう。だがそれでは「チートス」の立場は!?

 

味、食感ともにチートス×かりんとうのバランスが絶妙!

袋を開けると、大きなものから小さなものまで、見た目は完全にかりんとう。漂ってくる匂いも、完全にかりんとうだ。

だが、よくよく見るとそれぞれが「チートス」のフォルム。かじってみると、かりんとうとは違うサクサクとしたコーンスナックの食感。まさにチートスそのもの! でも、味はかりんとう…。コーンで作ったかりんとうということか。

噛み進めるうちに徐々にチートスの味に変化するも、黒蜜の味が強いので、チートスが顔を出すのはほんの一瞬。でも、その一瞬がとてつもなくウマいっ!! 甘さと塩味がベストマッチで、かりんとうより軽さがある。かりんとうの味は好きだが、少し甘すぎると感じる人にはうってつけだ。

 

周りのコーティングをなめてしまえば、チートス味になる?と口の中で飴のように転がしてみたが、チーズを使っていないこともあり、思ったほどのチートス感は味わえず。やはりこれは「かりんとす」として、サクサクと食べ進めることをおすすめしたい。

チートスの良さとかりんとうの良さを引き出した『チートス かりんとす 蜜がけはちみつ黒糖味』、これはクセになる!ついでに言うと、同時発売の「抹茶味」にも興味津々…。今後の「かりんとす」の展開にも、大いに期待が高まる逸品だった。入手はまず、ファミリーマートを探すのがおすすめ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

『チートス バナナあじ』国内初の甘いチートスは大人の舌も満足させる絶妙な塩・シナモンが利いた絶品スナック
これはコラボというより占拠されているというイメージ!   フリトレー『チートス のりしお』11月11日発売!
すべてのコンソメにハズレなし!『チートス コンソメあじ』は肉の旨味を凝縮したグッドスナック
『ドリトス Rock’n Black HOTタコス味』は激辛スパイスの辛うまチップス!ビールによく合う!
健康志向なのにうまい!? アメリカ生まれの健康ポテチ『芋備えシーソルト』『スリラチャの赤備え』に注目!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。