体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「気にしすぎ」と「適当すぎ」の狭間で…親世代に感じる育児のジェネレーションギャップ by こたき

前回、「かわいそう」と言われることについて書きましたが、それに限らず育児中に言われてグサッとくるワードは数多くあります。 前回のエピソード:「かわいそう」って言わないで!生まれつきのアザを指摘され続けるのが辛かった by こたき

特にすべてが初めてな一人目の育児中は「これでいいのかな?」と正解が見えないまま自問自答し続けている状態。見ず知らずの人からの言葉もそうですが、気心の知れた家族からの歯に衣着せぬコメントもジワジワきました。

f:id:akasuguedi:20180203124502j:plain

例えば、ほぼ100%の親御さんが何かしらの悩みを持つであろう離乳食。

私は長女が5ヶ月になった日から張り切ってスタートしました。

指針とする本を一冊購入し、ネットなどで下調べもばっちり。

調べていて一番重要だと思ったのは、

『初めての食材を試すのは一度に一種類ずつ、平日の午前中に自宅で食べさせる』

と言うこと。

当然厳守するつもりだったのに、

f:id:akasuguedi:20180203124536j:plain

大根食べさせてるーーーー!!!!

いつの間にか大根食べさせてるーーーー!!!!

(まだあげたことがありませんでした)

試し済みの食材は伝えてあるのに…

今日は日曜日だし午後だし義実家だし…

と言うことを後で私の母に愚痴ったら

「そんなの気にしすぎよ、神経質ねえ」

と一蹴。

f:id:akasuguedi:20180203124617j:plain

卵や魚介類じゃないし大根くらい、と今なら思えますが当時は結構ショックでした。

かと思えば、

f:id:akasuguedi:20180203124638j:plain

私の育児の知識は7割がネット由来なので、確かに信憑性に欠けてしまっている感があります。

とは言え何かしらの考えがあってやっているのに~と、後から思い出してモヤモヤ。

その後も特に食べ物に関しては親世代と度々ジェネレーションギャップ(?)があり、「気にしすぎ」「適当すぎ」を連呼されました。どっちやねんと。

なんなら最近も生ものについて言われています。私自身はそこまで細かいわけではなく(チョコもジュースもあげてるしむろユルめ)、年齢にあったものを必要な時にあげてほしいだけなのに…。

f:id:akasuguedi:20180203124656j:plain

どちらの母も子育ての先輩だし頼りになることも多いですが、経験してるのだからもう少し母親の気持ちに寄り添って欲しいなと思いました。

f:id:akasuguedi:20180203124717j:plain 関連エピソード:さいたま市の”祖父母手帳”がすごくいい!虫歯菌問題、我が家の場合 by 斗比主閲子 f:id:akasuguedi:20170216111911j:plain

著者:こたき

年齢:20代後半

子どもの年齢:0歳、2歳

2015年&2017年生まれの姉妹の子育て中。かわいい我が子の成長をTwitter、ブログ「かわいいちゃんとのぼちぼち日記

で綴っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

怒りと上手につきあえれば、笑顔の時間を増やすことができる。私の“6秒ルール” by うだひろえ
夫に子どもを預けて久しぶりの自分時間。でも家族連れの姿を見かけると…
イヤイヤ期の子どもと楽しくランチしたい。息子の不満の理由に気づき反省

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。