体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旧リッツを完コピ!? 再現!?『ルヴァンプライムスナック』を「ルヴァン」と食べ比べ。YBCにも真相直撃!

約1年半前、ナビスコ「リッツ」販売終了と入れ替わりで登場した新ブランド「ルヴァン」の派生商品として、ヤマザキビスケットから『ルヴァンプライムスナック』が新発売。これこそ旧リッツの正統後継者といえそうだが、その登場に1年半を要した背景には、2社間の取り決めがあったという。

 

1年3ヶ月は、類似製品の製造販売を制限する取り決めが二社間であったという事実

ヤマザキビスケット広報に確認したところ、「リッツ」ブランドを保有するモンデリーズ社と類似製品の製造販売を制限する期間を取り決めていたという。その期限が2017年11月30日。そして制限が解けた12月1日から、どこから見てもリッツそっくりな『ルヴァンプライムスナック』の販売に至ったというわけだ。

こちら、ヤマザキナビスコ(現ヤマザキビスケット)が製造販売していた旧リッツ。

ご存知ない方のために、過去の経緯をおさらいしておこう。「ヤマザキナビスコ」のライセンス契約終了により、2016年9月から「リッツ」はヤマザキナビスコではなくモンデリーズ・ジャパンの製造販売する商品となった。「リッツの新旧比較」の記事でもご紹介したように、リッツは日本製ではなくインドネシア製に。記者の主観だが、新リッツはより軽い食感で、ちょっとだけ淡泊になっているように思う。

これこそリッツの後継者! などと言われていた…今回の『プライムスナック』が出るまでは。

社名も変更したヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)の「ルヴァン」(13枚×3袋・希望小売価格 税抜160円)は、それまでリッツを生産していた国内工場で作られたものであり、これこそ旧リッツの後継だという声が多々上がっていた。その後もリッツ×ルヴァン論争は一部ネット上で白熱を続けていたが、そんな中「ルヴァン」にさらなる新商品が登場したというわけだ。『ルヴァンプライムスナック』(13枚×3袋・希望小売価格 税抜160円・2017年12月1日発売)のパッケージは、ルヴァンの青から赤に、クラッカーの形は八角形から真ん丸に…「これぞまさにリッツだよね」な新商品なのだ!

『プライムスナック』の登場で、主役交代なるか?

いわば「ルヴァン」は1年3ヵ月間の“つなぎ”だったわけだが、今回の『ルヴァンプライムスナック』発売後も販売終了することなく併売されるという。その意図についてはいずれヤマザキビスケット社を取材するとして、味はどこまで旧リッツに近いのか、早速たしかめてみよう。

 

『ルヴァンプライムスナック』はどこまでもリッツ? その味わいを確かめてみた!

青いパッケージの「ルヴァン」と赤いパッケージの『ルヴァンプライムスナック』。両者はどちらもボックス入りで、中身は13枚×3パック入り。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。