体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひと口でわかる驚きの進化!リニューアル新発売『ルヴァンクラシカル』を新旧で食べ比べてみた!

ヤマザキビスケット「ルヴァン」シリーズ誕生から約1年。2016年9月に発売された『ルヴァンクラシカル』が早くもリニューアルされたというので、さっそく新旧商品を食べ比べみた。もちろん、わずか1年ちょっとでリニューアルとなったのには、理由がある。

 

発売からわずか1年3カ月『ルヴァンクラシカル』がリニューアル!

日本国民に愛されてきた”ヤマザキナビスコ”が、ライセンス契約終了によりヤマザキビスケット株式会社となり早1年。かつてナビスコブランドを代表する商品だった「リッツ」「オレオ」そして「プレミアム」はモンテリーズ・ジャパンの傘下となった。

なつかしの「プレミアム」クラッカー

モンデリーズ社の新プレミアムは硬質な食感で、イメージは大きく変わった。旧プレミアムのサクサクなパイ生地感はどちらかといえば『ルヴァンクラシカル』に引き継がれたと言えるだろう。※その際も比較記事も掲載しているので、ご興味のある方はお目通しいただきたい。

 

そんな『ルヴァンクラシカル』(54枚入り・希望小売価格 税抜280円・2016年9月発売)が、2017年12月1日にリニューアル。記者はリニューアル前から、サクサク食感のシンプルなクラッカーとしてこれ以上ないほどのクオリティだと感じていたので「まだおいしくなるの?」とちょっと信じられない。

左がリニューアル後の「ルヴァンクラシカル」だ

今回は、『ルヴァンクラシカル』の新旧商品を食べ比べ! 見た目、成分、味、香りはどんな風に変わったのかチェックしていきたいと思う。

 

新旧『ルヴァンクラシカル』は、何がどんな風に変わった? どこを目指した?

まずは『ルヴァンクラシカル』についてざっとおさらいを。発売されたのは、ナビスコとのライセンス契約が終了した2016年9月。パッケージは明るい水色。リニューアルで明るいブルーに変更されている。

旧「ルヴァンクラシカル」は水色カラー

ボリュームは、6枚×9パック(54枚入り)と6枚×6パック(36枚入り)の二種類を展開。ここはリニューアル後も変わらず。

中身はというと、プレーンなソーダクラッカー(炭酸水素ナトリウムを併用して発酵させたビスケットの一種)で、サクサク食感が特徴だ。

リニューアルにあたり見た目にも変化が出ていて、旧商品は角を丸くおとしたほぼ正方形だったのに対し、新商品は角のある長方形になっている。重ねてみると、新商品の方が1片5ミリほどひと回り大きい。表面が薄くなっているのかちょっと力を入れると崩れるほどパリパリだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy