体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘じょっぱチョコ味ポテチに酒感追加!『ラム酒薫る大人のチョコレートポテトチップス』が極上にうまい

マクドナルドでフライドポテトにチョコソースをかけて食べたことも何度もあるし、カルビー「ポテトチップス贅沢ショコラ」が登場してもう8年だったりするので、今更ポテトチップスにチョコレートと言われても驚きはしない。しかし、そこに酒感が追加となると話は違う。『ラム酒薫る大人のチョコレートポテトチップス』、非常に興味深い。

ポテトにチョコは珍しくないが、ラム酒仕上げで絵にも描けない美味しさを演出したその手法に脱帽。大人の男性へのバレンタインにも最適!

世の中は「柿の種」をチョコレートでくるんだり、ポテトチップスそのままにチョコをかけるなど”甘じょっぱい”タイプのお菓子が人気のようだ。いわゆる甘辛。昔はそういう味はおばあちゃんの好きな和菓子の専売特許のようなところもあったが、最近はスナック菓子にも幅広く登場している。

カルビー『ラム酒薫る大人のチョコレートポテトチップス』(50g・通常価格 税抜131円・2018年1月23日発売※ファミリーマート、サークルK、サンクス限定・数量限定)は、塩味のきいたポテトチップスにチョコソースのラインを入れて、ラム酒パウダーで仕上げたスイーツ系ポテトチップス。

何だか想像がつかないので食べてみよう。ちなみに記者はチョコレートとポテトチップスは合わないと思っている派の人間である。

袋を盛大にパーティー開けしてみると、漂うラム酒とチョコレートの香り。あれ? 結構良い香り。高級感さえ感じてしまう、何とも言えない大人テイストの香り立ち。予測していたのと違う。一枚とって口の中へ。バリバリ噛み砕くと、ラムレーズンアイス的な香りとともにチョコ感が程よく広がり、それを包み込む塩気と旨味。こ、これは美味しいじゃないか!

甘じょっぱいのはあまり好きではないが、これはそういう手ぬるいタイプではなくて、ワインやブランデーのお伴に最適なタイプの、非常に気取った美味しさ。高級感さえ感じてしまうし、パーティー会場で小さなお皿に乗っけて配られたら、もう一皿取りにいきたくなるレベル。甘じょっぱい業界を今までなめていたけれど、これはすごいと思う。

厚手のポテトがザクザク食感

感動したけれど、残念ながら期間限定な上、ファミリーマート系列のみでの販売。チョコにポテトに抵抗がなく、甘いものをつまみに酒を飲みたい派の人には特におすすめ。


関連記事リンク(外部サイト)

悲報か朗報か!?『パインアメ味のポテトチップス』は果汁パウダーの甘酸っぱさの主張がすさまじく…
実は貴重! 無香料・無着色のキャンディ『ありのままに』シリーズの3つの素朴な味わいに気分やわらぐ!
全国ご当地グルメをポテチで制覇する企画第一弾から『カルビーポテトチップス47都道府県の味 山形芋煮味』!
発売25周年!冬季限定チョコ『メルティーキッス』3種を食べ比べたら、抹茶のかつてない美味さに衝撃走る!
ココアの王様・バンホーテンココア使用!『コロン<大人のショコラ>』濃厚なめらかチョコクリームに癒されよう!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy