体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『双円』デザインを共有した異素材の製品を販売する新発想のブランドが誕生!

同じデザインだが、素材がそれぞれ異なる製品という、これまでにない新しい発想のブランド『双円』が立ち上がった。プロダクトやグラフィックなどのデザインを手がけるaete(アエテ)株式会社が主導となり、2018年2月7日にブランド第1弾の製品として器の販売を開始した。いったいデザインの共有とは、どういったことなのだろうか。記者発表会に潜入し、その真意を探ってきた!

商品デザインだけでなく製造・販売・運営すべてを“デザイン”する

「双円」記者発表会には、第1弾商品の「器」が多く展示されていた

アエテ株式会社(東京都港区)は、電子機器製品および関連商品の企画から販売までを手がける株式会社カドーの子会社で、昨年10月に株式会社カドーデザインから社名変更した。主にプロダクトデザインなどを手がける会社だが、このたび自ブランドとして『双円』を立ち上げ、まったく新しい発想の「ブランドをシェアする」という事業を開始した。

 

と、概要だけを見ると少しわかりにくい面もあるかもしれない。簡単に言えば、ブランド「双円」のもと、さまざまな商品企画からデザインをアエテが行い、その製品にふさわしい技術や販路を有する企業との協業でブランドを統一化するということだ。その第1弾となるのが、今回発表した「器」だ。

アエテ株式会社の鈴木健社長。ちなみに社名の「アエテ」は、「あえて(敢えて)~する」という副詞から取ったという

アエテの鈴木健社長は「双円」ブランドの立ち上げについて「カドーのイメージから、家電の新ブランドというイメージが強かったかもしれませんが、実は器です。双円はデザインを作ってお客様に届けたいという気持ちとともに、日本の文化や伝統工芸の活性化を促す目的もあります。シンプルで美しい形を追求するブランドになれば」と説明。

 

また「具体的には、(器に関して)形がすべて同じで素材の異なる商品をデザインします。これにより、収納も美しくでき、パッケージも緩衝材なども統一でき、しかも製造会社の販路を共用できるメリットがあります」と鈴木社長がコンセプトを説明。「私たちアエテは形を作って、それを発信するのが使命だと思っています」とブランドの目指す方向を表現した。

「双円」ブランド第1弾商品「器」の製造を担当した3社の社長を招き、座談会が行われた

続いて、第1弾商品「器」の商品を製造するプロジェクトメンバー3社の社長が登壇。鈴木社長を含めた4名による「双円」に関する座談会が始まった。

富山県高岡市の鋳物メーカー・株式会社能作の能作克治社長

まずは鋳物メーカーの株式会社能作(富山県高岡市)の能作克治社長が「アエテの鈴木社長から、ブランドシェアに対する心意気を聞き、協力しようと思いました。円(縁)が2つつながるというブランド名も良いですね。初の試みなので、双円がどのような広がりになるか楽しみです」と参加の経緯を説明した。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。