体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コメダ珈琲店を代表するスイーツメニューが小枝化。『小枝<シロノワール味>』を食べて確かめたが、降参!

いまや全国にチェーン展開する名古屋発祥の憩いのカフェが珈琲所「コメダ珈琲店」。その看板メニューといえば熱いデニッシュパンにソフトクリームを乗せてシロップをかけて食べる「シロノワール」。それが小枝と出会って生まれたのが『小枝<シロノワール味>』。一体どうなった!?

老若男女の癒しメニューが小枝に出会ってバニラ・メープル感むせ返る味わいに! こ、これは…

「小枝」と言えばチョコレート菓子。一方熱々デニッシュと冷たいソフトクリームとシロップというトリプルの味わいを持つのがシロノワール。ソフトクリームが白でパンが黒っぽく焼き上げていた所から白・ノワール(黒)という語源はさておいて、それを小枝で再現できるのだろうか。

そんな疑惑を抱きながら、森永製菓『小枝<シロノワール味>』(4本×11袋・希望小売価格 税抜180円・2018年1月23日発売※期間限定)を食べてみた。箱は前開き、中には4本ずつの小袋に入った、近年の小枝方式。シェアがしやすいパッケージである。

封を切ると、強烈なミルクバニラ感が飛び出してきた。ソフトクリームがバニラというのは一瞬でわかるが、この強烈さは好き嫌いの分かれる所だろう。記者は甘いもの好きだが、ひるんでしまった。

一本つまんで口に運ぶ。強烈なホワイトチョコの甘みとともに香り立つ乳臭さ。もともと乳臭いホワイトチョコは好きなはずなのだが、ここまで強烈だと正直辛い。食べるとサクサクのビスケットがデニッシュパンの役割を果たしていることはわかるが、アロマが強すぎて素直に楽しめない。

飲み込んだ後も吐息がバニラ。本家シロノワールは大好きだし、チョコも白い方が好き、気分でソフトクリームを生クリームにチェンジして食べたりもするのだが、これはソフトクリームどころか生クリームも超えるバニラ感。よほどのバニラ好きでないと辛いのではないか。

いや、びっくりした。シロノワールを煮詰めたような味わい。これは問題作だ。発売は全国の取扱店で2月末あたりまで。コンパクトな袋入り116gも有。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

イタリアンな焙煎ナッツチョコが10年の時を超えて再び復活!『ダース〈ジャンドゥーヤ〉』
8月11日はきのこの山記念日! 特別企画『現れるのか?! 大粒幸せきのこの山』登場!レアバージョン幸せきのこ&たけのこ発見!
焼きパンの上のフルサイズソフトで人気のアレを再現! 『ロッテ パイの実<コメダ珈琲店監修シロノワール>』
『チョコボールグランデ<ほうじ茶ラテ>』何もかもが大人向け!大粒チョコボールを贅沢気分で召し上がれ!!
『ベイク/ベイク<クッキー&クリーム味>』不思議食感がクセになる、溶けないから夏チョコ定番!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。