体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ライヴレポ】2年目はワンランク上へ! きゃわふるTORNADOが1周年ワンマンライヴで飛躍を誓う

【ライヴレポ】2年目はワンランク上へ! きゃわふるTORNADOが1周年ワンマンライヴで飛躍を誓う

2018年2月11日、TSUTAYA O-WESTにて、きゃわふるTORNADOデビュー1周年ランマンライヴ〈きゃわふるTORNADO 1st Anniversary ONE-MAN LIVE TORNADO 02 ~2190″FUN”tasy~〉が開催された。

2017年の同じ日にデビューした彼女たちにとって、1歳の誕生日は2年目への飛躍を感じさせるに十分な1日となったライヴをオフィシャル・レポートとともにお届けする。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

Opening Movieのあと、彼女たちのOvertureが流れると、待ちきれないファンから割れんばかりの歓声が鳴り響いた。

1曲目はきゃわふるTORNADOの曲の中で唯一撮影が可能な「撮可のうた〜SEASON 1〜」。既に感極まったメンバーの宮瀬しおりは、会場のファンを見た瞬間から大号泣。1年間の想いが彼女をそうさせたのだろう。彼女の涙にファンも涙目に。会場に降り注ぐ銀テープでワンマン・ライヴは幕を開けた。

その後、会場が左右に大移動する「SUPERHERO」、はちみつの様に甘い恋を歌った「はちみつハイヒール」と畳み掛ける様に歌い、会場との一体感が増したところで、一夏の恋を艶っぽく歌う「夏恋ノスタルジー」を披露しMCまで4曲を続けて披露。

MCでは自己紹介、そしてこのワンマンライブに向けて行ってきたプロジェクトの報告が行われた。

ライブタイトルにある2190”FUN”tasy。メンバーそれぞれの1年365日を足した数が2190日。メンバーそしてファンが共に歩んできた2190日の軌跡が幻想の世界を創りげるというコンセプト。

そのワンマンライブを成功させるために企画した2190”FUN”tasyプロジェクトで、自分たちだけでは力及ばず、ファンにたくさん助けてもらったことに対して感謝の意を伝えた。

アップテンポの「恋したもん勝ち」「明日に向かって」、情緒的なミッドバラード「メリーゴラウンド」と続き、彼女たちの楽曲の幅の広さを見せつけた後、スクリーンにはメンバー2名ずつの「奇跡動画」が流れた。色々な形の「奇跡」をほんわかと見ていると、ステージには猫を連想させる可愛らしいルックスの別所佳恋、杏斉ゆか、宮瀬しおりが登場。ユニット曲「にゃわふるトルニャード」を初めて見たファンは目を輝かせた。

続いては、石川野乃花、道地文子、神咲くるみによるユニット曲「SRC CREW」。「にゃわふるトルニャード」とは対照的に、HIPHOPテイストのルックスと楽曲で会場はコールアンドレスポンスを繰り返した。その後、スクリーンには「きゃわふるTORNADO 重大発表」として、2nd Single「NEVER ENDING STORY」が全国発売されること、そのシングルを持ってサバイバルツアーを行うこと、夏に大阪と東京でワンマンツアーが行われることが発表され、会場は興奮に包まれた。

ステージには、青を基調にした新衣装でメンバーが登場。ROCKサウンドに激しいダンスで新曲「NEVER ENDING STORY」を初披露した。

「Butterfly」「マニュアルな恋」をファンを魅了する2曲を続けたあとのMCで、先ほどの重大発表をなぞり、2年目はもっともっと上に登っていきたいと決意を伝えた。

ライヴは終盤戦に突入。「Silent Voice」「ALIVE」と彼女たちの”かっこいい”曲が2曲続き、「ツキミツドキ」「ナンバーワンダーランド」とアップテンポな曲が2曲続くと会場のボルテージは最高潮に。

神咲くるみが「楽しい時も辛い時も、きゃわふるTORNADOはこの曲と歩んできました。」と歌い出したきゃわふるTORNADOの代表曲「星空ディスティネーション」で感謝の気持ちをファンにぶつけた。間奏明けのサビでは、会場のファン全員でオレンジのサイリウムを炊くサプライズ演出でメンバーは喜びと驚きのあまり涙を浮かべながらこの一年を噛み締めるように様に歌い、ライヴ本編は終了。

ファンからアンコールの声が鳴り響き、スクリーンにはメンバーの1年間の軌跡とファンへの想いを述べた動画が映し出され、アンコールがスタート。映像が終わると、ファンには恒例のグループ名の冠された「きゃわふるTORNADO」で登場。いつもとは違う何度も何度もサビが繰り返される長尺のワンマン特別バージョンでまだまだ会場のファンを休ませない。

そして間髪入れず、1曲目に披露した「撮可のうた~SEASON 1~」。しかしアンコールは勝手が違う。メンバーはそれぞれの手に「カメラ」を持ち、ステージ上からもこのワンマンライブを撮影して、自身も「撮可のうた~SEASON 1~」を満喫。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。