体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里でグルメ&お土産探し

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
川越の時の鐘

埼玉県を代表する観光地の川越。蔵造りの町並み、蓮馨(れんけい)寺、大正浪漫夢通り、喜多院、川越城、菓子屋横丁などさまざまな名所がありますが、先日歩いていると西武新宿線の本川越駅近くに、小江戸蔵里(こえどくらり)という商業施設を発見しました。

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
川越にある蔵造りの建物

明治8年に創業した酒造メーカーの酒蔵を改修した複合施設で、地元の人に聞けば平成22年にオープンしているとの話。川越は筆者にとって高校時代の通学路で、友人・知人も多く居るため、これほど大きな複合施設を知らなかった自分にショックを受けましたが、行ってみると川越観光で立ち寄っておきたい必見スポットの1つだと発覚します。

そこで今回はどこよりも「遅く」、小江戸蔵里の魅力をレポートしたいと思います。

 

ポイントその1:川越の主要なお土産が全てそろう

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
小江戸蔵里の敷地内には、幾つかの蔵が隣接して建ち並んでいます。全てが感じ良くリノベーションされているのですが、敷地内に入ってすぐ左手にある明治蔵は、各種お土産店が入居する施設として特ににぎわっています。

館内を見回すと、小江戸鏡山酒造の地酒から、紋蔵庵の『あまたまかりん』、コエドビールに松本醤油の各商品、果ては川越のキャラクターである『さつまいもベア』に至るまで、各種の商品が一堂に会しています。

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
さつまいもベア

川越は蔵造りの町並み周辺を中心にお土産物屋がたくさん並んでいますが、歩道が観光客であふれ返っており、さらに車道との距離がわずかしかないため、落ち着いて買い物を楽しめない面も残念ながらあります。

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
その意味では、川越の主要なお土産をまとめてゆっくり買い回れる小江戸蔵里は観光客にとても便利。しかも東武東上線の川越駅や西武新宿線の本川越駅に向かって帰る道の途中にありますので、旅の最後に立ち寄ってまとめてお土産を買うという戦略も立てられます。

 

小江戸蔵里(こえどくらり)おみやげ処(明治蔵)
http://www.machikawa.co.jp
営業時間:10:00~18:00
TEL:049-228-0855
住所:埼玉県川越市新富町1-10-1
定休日:なし(臨時休館日あり)

 

ポイントその2:川越の地産地消のグルメが楽しめる

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
川越のウナギ

今では大人気の川越。人気の飲食店は観光客が大行列を作っていますので、列に並べばとりあえずおいしい食事にありつけますが、人気店もエリア内のあちこちに点在しています。何の下準備もないまま川越に訪れた場合、飲食店探しも一苦労・・・。

明治時代の酒蔵をリノベーション!川越の小江戸蔵里
その点、上述の明治蔵と連結した、敷地内の左手奥にある大正蔵には、酒蔵の原型をほぼ残しつつリノベーションしたレストラン「八州亭」があり、店内では地産地消の食事を食べさせてくれます。もちろん地酒の鏡山や、地ビールのコエドビールも楽しめます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。