体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ベスト盤3タイトル同時発売&全国ツアー開催決定

ASIAN KUNG-FU GENERATIONがベストアルバム『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』をリリースすることを発表した。ベスト盤としては『BEST HIT AKG』から約6年ぶり、2枚目のベストアルバムとなる。2012年以降の楽曲からセレクトされた16曲と、新曲「生者のマーチ」を加えた全17曲を収録。「荒野を歩け」以来、1年ぶりの新曲となる「生者のマーチ」は、そばにいる人を抱きしめることの尊さを描き、“生きること”への祈りが込められたような後藤の歌声も印象的なラブソングだ。まさにASIAN KUNG-FU GENERATIONの“今”が凝縮された珠玉のベストアルバムとなっている。初回生産限定盤に付属するDVDには、2017年12月に行われたFEEDERとのカップリングツアー『ASIAN KUNG-FU GENERATION × FEEDER Tour 2017 Supported by PIA』から、豊洲PIT公演でのライブ映像を6曲収録。新曲「生者のマーチ」も収録されたレアな映像作品となっているので、ぜひゲットしてほしい。
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP's)

また、『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』と同時発売で『BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE”』『BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO”』の2枚のリリースも決定! こちらはアルバム『BEST HIT AKG』リリース時の2012年に、後藤(Vo&Gu)がセレクトしブログに綴っていた架空のベストアルバムで、今回その架空のベストアルバムが“Official Bootleg”となってまさかの現実化!! それぞれ“芋っぽい曲”、“骨っぽい曲”が15曲ずつ収録されている。CDジャケットのアートワークには、当時後藤自身が描いた骨と芋のイラストが採用されているファン必須のアイテムだ。

さらに、6月からの全国ツアー『Tour 2018 「BONES & YAMS」』の開催も決定! そのタイトル通り、Official Bootleg盤である“HONE”と“IMO”を中心としたコンセプチュアルなライブになりそうだ。チケットは、2月15日(木)~2月21日(木)までオフィシャルHP先行を受付中とのこと。
『Tour 2018 「BONES & YAMS」 』

6月07日(木) 東京 Zepp DiverCity

6月08日(金) 東京 Zepp DiverCity

6月10日(日) 宮城 SENDAI GIGS

6月14日(木) 大阪 Zepp Osaka Bayside

6月15日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside

6月18日(月) 愛知 Zepp Nagoya

6月19日(火) 愛知 Zepp Nagoya

6月21日(木) 広島 広島 CLUB QUATTRO

6月25日(月) 東京 Zepp Tokyo

6月26日(火) 東京 Zepp Tokyo

6月28日(木) 北海道 Zepp Sapporo

7月01日(日) 香川 高松 festhalle

7月03日(火) 福岡 福岡 DRUM LOGOS

7月04日(水) 福岡 福岡 DRUM LOGOS

7月07日(土) 新潟 新潟 LOTS

7月08日(日) 群馬 高崎 club FLEEZ

7月11日(水) 東京 新木場 STUDIO COAST

■特設サイト

http://www.akglive.com/tour2018/
アルバム『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』
2018年3月28日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-3050〜3051/¥3,700+税

<収録曲>

■CD

01 夜を越えて

02 踵で愛を打ち鳴らせ

03 All right part2

04 それでは、また明日

05 アネモネの咲く春に

06 今を生きて

07 ローリングストーン

08 Standard / スタンダード

09 Easter / 復活祭

10 Planet of the Apes / 猿の惑星

11 Wonder Future / ワンダーフューチャー

12 Right Now

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。