体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AIには創りだせない、生きる花器。

AIには創りだせない、生きる花器。

ゆがみ、ねじれ、すき間、いびつな形。
これは3Dプリンターの技術を真似て、人の手で作られた花器。

手がけるのは、オーストラリアのアーティストZhu Ohmuさん。「Plantshukuroi(植物繕い)」というシリーズで、テクノロジーの進歩が目覚ましい今日だからこそ、「人間にしかできないこと」を表現した作品でだそうです。

プログラムにはできない形

AIには創りだせない、生きる花器。AIには創りだせない、生きる花器。AIには創りだせない、生きる花器。

最新テクノロジーを、あえて人の手を使って再現することで、人間にしか作れないものを作りたかったのです。(by Zhu Ohmu)

プログラムされたとおりに同じ動きを繰り返す機械とは異なり、人の手は様々なものに左右されるもの。
素材の乾き具合や、手の湿り気、疲労感や緊張感などの要因が絡み合い、そのときどきの一瞬にしか表われない味わいがあります。

ふたつとして同じものはない、その偶然性こそが「人間らしさ」なのです。

日本の技法「金繕い」から
インスピレーション

Zhu Ohmuさんは、日本の「金繕い」の技術から、この作品のインスピレーションを得たのだそう。

「金繕い」とは、割れてしまった陶器を、金を使ってつなぎあわせる技法のこと。割れてしまっても、そこにまた新しい表情が生まれ、その偶然に見せる一度きりの表情を大切にするこの技法に、日本の「わびさび」を感じ、インスピレーションを得たと語っています。

このシリーズ名も「金繕い」から名前を取り、「Plantshukuroi(植物繕い)」と命名。割れてしまった陶器を金でつなぎあわせるように、この花器のすき間が空いてしまったところを植物が埋める。変化し続ける植物が、このいびつな花器を完成させるのです。AIには創りだせない、生きる花器。

テクノロジーが進歩した現代だからこそ、手仕事の価値が見直されるべきなのかもしれません。Licensed material used with permission by Zhu Ohmu, Instagram

関連記事リンク(外部サイト)

「茎や葉」まで楽しめる花器
「木の花器」にドライフラワーを飾ろう。
シルエットが愛しい!観葉植物「ウッドトピアリー」って知ってる?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。