体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

資産100億の大富豪が自分も周囲も幸せに導いた2大メソッド

資産100億の大富豪が自分も周囲も幸せに導いた2大メソッド

「タマゴボーロ」や「麦ふぁ~」を口にしたことがある人は多いだろう。

これらのお菓子で有名な竹田製菓(現・竹田本社)の会長であり、日本一の投資家として有名なのが竹田和平という人物である。

彼は、自称「平成の花咲爺」。和平さんと関わった人たちは、人生に花が咲いているという。

そんな一人であり、和平さんの一番弟子なのが『日本一幸せな大富豪 竹田和平さんが命をかけて教えた魂に火をつける5つの物語』(光文社刊)の著者である山本時嗣氏だ。

本書では、竹田製菓の会長にして「資産100億円の大富豪」「日本一の大投資家」の竹田和平さんから山本時嗣氏が教わった「人生に花を咲かせる奥義」を紹介している。

人生に花を咲かせるには、どうすればいいのか。和平さんの奥義は「まごころで生きる」ことだ。

そして、まごころで生きるためには、大切な二大メソッドがあるという。

一つ目は、自分自身の魂に向き合い、問い、答えることでまごころに気づき人生の方向性を自分で見出す「貯徳問答」。

二つ目は、「ありがとう」をたくさん言うことで自然にまごころをエネルギー源にして毎日を生きることができるようになる「ありがとう習慣」。

和平さんはまごころを略して「まろ」と言い、心が満たされた状態になると、いいことが起こりだすという自分がレベルアップした状態を「まろアップ」と呼んでいた。

著者の山本氏も和平さんと出会い、まろアップした一人。ただ、2016年7月21日に和平さんは亡くなってしまう。和平さんの遺志をつなぐために、実際にあったエピソードと共にまごころを正確に伝えたい、という想いから本書は執筆された。

「人生のどん底の人って、ありがとうが足りないんだがね。そういう人は、ありがとうを100万回言えば人生がよくなるんだがね」と山本氏は和平さんに言われたことがある。山本氏は、その日から「ありがとう」をいっぱい言うようにしたという。

「ありがとう」は、元々「有り難し」=「有ることが難しい」ということ。貴重で特難いものを得ていることから、感謝の気持ちを表す言葉になった。

そんな言葉をたくさん使うと、こころがあったかくなって幸せを感じて、運がよくなるのだ。それまでどんなに大変な人生だったとしても、「ありがとう」をたくさん言うことで、人生の花を咲かせることができる、ということを山本氏は和平さんから教わった。

和平さんの生き方やお金に対する感覚、和平さんに影響を受けた人たちの物語から、学ぶことは多いはずだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

自分が不幸なのは誰のせい? 幸福をめぐるグータラ人間と神様の議論に思わず納得

井戸を掘り続けて107年。日本の技術で世界の子どもたちを救う企業の物語

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。