体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大企業と同じことをやっても意味がない。中小・ベンチャー企業に取材依頼が殺到する「勝ち筋」とは?

ベンチャー広報株式会社は、中小・ベンチャー企業に特化した広報・PR会社です。知名度が低い中小・ベンチャー企業こそ、経営戦略の一環として広報・PRが重要だという想いから設立し、一つひとつの会社にあったサービスを格安で提供しています。そんなベンチャー広報が本当に追求しているのは、社員の“幸せ”だったのです。

※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。

世間を動かしているのは、マスコミではなく広報・PRだと知る

f:id:kashiemi:20180130100729j:plain

テレビや雑誌などのメディアは、あらゆる商品を様々なうたい文句で紹介しています。私たちの多くは、その情報を見て流行を知ったり購買意欲をそそられたりしているといえるでしょう。

ベンチャー広報の代表である野澤直人は、20代の頃、マスコミの世の中を動かす力や影響力に憧れ、ビジネス誌の編集の仕事をはじめました。そこでは、ベンチャー企業の経営者にインタビューを行なっており、会社には企業の広報担当やPR会社からの売り込み電話やプレスリリースが日々、送られてきていたのです。

野澤「この時、はじめて広報・PRの存在を知ったんです。それまでは、世の中を動かしているのはマスコミだと思っていたんですが、実はその裏にマスコミに影響力を与えている広報・PRが存在したこれは面白い!と思いましたね

そして編集の仕事をはじめて3年が経ったころ、ちょうど次のステップに広報・PRを、と考えていた野澤にチャンスが巡ってきました。タイミングよく、知り合いだった留学関係のベンチャー企業の社長から「うちの会社、手伝ってよ」と誘われ、その会社で広報・PRの仕事をすることになったのです。

とはいえ、広報・PRの仕事ははじめて。担当者は社内に自分だけで、教えてくれる人もいません。そこで野澤は、本やセミナーを通し、独学で猛勉強に励みました。しかし、勉強してはじめて気づいたのは、世の中に出ている情報がどれも、すでに知名度がある大企業向けだということ。中小・ベンチャー企業に役立つ情報はほとんどなく、途方にくれました。

野澤「しょうがないから、自分で試行錯誤しながらノウハウをつくっていきました。そのノウハウをいまの仕事に活かしていますし、いまも日々試行錯誤してノウハウを増やしていっています」

溢れているノウハウは、たった1%の大企業のためのもの

f:id:kashiemi:20180130100834j:plain

▲2017年6月20日発売「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)

ベンチャー・中小企業の広報・PRは、大企業と同じことをやっても意味がありません。それは、そもそも広報・PRが担う役割が違うから。

大企業の広報は、「報道させない」のが仕事です。すでに知名度があるので、プレスリリースを一斉配信すれば当然のように取材依頼がきますし、なんなら、何も発信しなくても取材依頼がきます。広報担当は、その取材元である媒体と良好な関係を築き、不祥事を起こしてしまったときに、報道を最小限にしてもらうなどの「リスク管理」が一番の仕事なのです。

一方、ベンチャー・中小企業の広報は、「報道させる」のが仕事です。プレスリリースを一斉配信しても取材依頼がくる可能性は低く、何もしなければ取材依頼はほぼ100%きません。むしろ、プレスリリースを一斉配信することがマイナスになってしまうこともあるのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。