体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隠し味はデミグラスソース「小春軒特製カツ丼」

2月14日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、愛され続ける下町の洋食店を特集した中で、「小春軒」(東京都中央区)が紹介された。

同店は、地下鉄日比谷線・人形町駅から徒歩1分程にある洋食店。明治45年創業の洋食店で、「メンチカツ」(800円/税込み)やカジキマグロとイカのソテー、フライが載った「特製盛合せ」(1,400円/税込み)が味わえる。

番組では、お店の看板メニューとして「小春軒特製カツ丼」(1,300円/税込み)を紹介。ご飯のの上に割り下をつけたカツ、目玉焼き、煮込んだ野菜を載せたボリュームのある一品だ。中山裕子さんが「小春軒特製カツ丼」を頂くと「う~ん!玉子のまろやかさが衣に染みているソースに合いますね!カツ丼なんですけど、なんだか洋風な味わいが広がりますね」と絶賛していた。洋風な味わいの秘密はデミグラスソース。割り下の中にデミグラスソースを隠し味として入れることで洋風カツ丼に仕上がるそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:小春軒 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:人形町・小伝馬町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:人形町・小伝馬町×洋食・西洋料理のお店一覧
じっくり煮込んだお肉がたまらない!「ビーフスチュー」
隠し味はデミグラスソース「小春軒特製カツ丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。