体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山崎エリイ、コンセプトコンサート『millefeuille harmony』で観客を魅了

山崎エリイが2月10日(土)にEX THEATER ROPPONGIにて開催した2ndコンサート。昭和のアーティストの楽曲と自身の楽曲をミルフィーユのように重ね合わせたセットリストで観客を魅了した。
2月10日(土)@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP's)

客入れのBGMで、昭和から平成初期にヒットした楽曲が流れていたので予想できた人もいたと思うが、コンサート開始前の影ナレで本人から「2ndコンサートは、私の大好きな昭和のアーティストさんの曲と、山崎エリイの楽曲をミルフィーユのように織り交ぜながらお届けしたいと思います」とコンセプトを発表。そして、ステージ中央に折り重なった幕の中から山崎エリイが登場し、コンサートがスタートした。

1曲目は松田聖子の「夏の扉」。Aメロでは「エリイ!」の掛け声もかかり、昭和のアイドルコンサートの雰囲気をお客さんが再現。2番からは<フレッシュ!フレッシュ!フレッシュ!>と、サビのフレーズをみんなで叫び、一体感が生まれていた。そして自身の曲「アリス*コンタクト」へ。彼女の1stアルバムを聴くと、昭和歌謡テイストの楽曲が入っていることに気づくのだが、実際に交互に歌うと、音作りまでしっかりこだわって作られていたことがわかる。ステージの端から端まで歩き、お客さんに手を振りながら歌うエリイ。1stコンサートより、だいぶ表情にも余裕が出てきた感じがする。

続く「ペッパー警部」はピンク・レディーの代表曲。昭和の曲となるとサビだけ知っている人も多いかもしれないが、AメロやBメロの良さをあらためて知ることができるのがカバーの良いところだ。山崎エリイは、クールな歌声でダンスも再現。最後の〈ペッパー警部よ〉は、飛び切りキュートに決めてくれた。

最初のMCで、ファンのみんなに会えた喜びと「夏の扉」での“エリイ!”コールがとても嬉しかったと語る。「ここからはちょっとダークな3曲です」と言って歌われたのは「空っぽのパペット」。とても可愛らしい声の持ち主だが、クールな歌声も実は魅力的で、ここでは大人エリイのパフォーマンスを存分に見せつける。続く中森明菜の「DESIRE -情熱-」もウィスパー気味のボーカルでカッコ良く聴かせる。そこから同じ年代の曲なのではないかと錯覚するほど自然な流れで「Lunatic Romance」へ。ライブでもよく歌う人気曲だけに、彼女のタンバリンに合わせてオーディエンスも徐々にヒートアップしていき、最後は大きな拍手に包まれた。

「初めてのことに挑戦します」と言って始まったのは、ピアノの演奏者とのセッション。実はステージ上で楽器の演奏者と二人っきりで歌うのは初めてとのこと。「一度のリハーサルと、本番前にこの会場で合わせただけで、しかもピアノと自分の声だけだと声がすごく響くから緊張する」と言っていたが、選んだ曲が60年代に活躍した双子デュオ、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」なのだから渋すぎる。ジャジーなアレンジで、お腹の底から声を出すような、これまで聴いたことがない歌声で渋く歌い上げていた。そのままピアノの弾き語りで、自身の楽曲「雨と魔法」を、傘を指しながら歌う。今度は一転、可愛らしい歌声で、ミラーボールによるロマンチックな演出もあって、とても印象的なシーンとなった。

そして、彼女のデビューのきっかけとなったオーディション『ホリプロタレントスカウトキャラバン』の予選で歌った、小さい頃からずっと愛し続けている大切な曲だという「天使のウィンク」(松田聖子)をカバー。ピアノ演奏とクラップと共に、しっとりと歌い上げる。何度も歌ってきたことがわかるような愛に溢れたパフォーマンスだった。

衣装チェンジのタイミングでは、唐突に彼女がオリジナルで脚本を書いたというおとぎ話「Cherii’s Story」を朗読。最初は“80年代と私”という内容だったらしいのだが、スタッフに促され、おとぎ話になったそう。ただ、彼女らしい世界観だったし、声優らしい演出だったと思う。

本人曰く「エリイ史上もっともラブリーなコーデ」の衣装をまとって再び登場した山崎エリイが、今度は「バレンタイン・キッス」(国生さゆり)を歌いながら客席を練り歩き、チョコをプレゼント。これにはファンも大喜びだった。「Dreamy Princess」と「ドーナツガール」はステージ上で、思い切り甘く歌う。みんなで“ガオガオ”と可愛い狼になった「S・O・S」。この曲も「ペッパー警部」と同じく阿久悠(作詞)と都倉俊一(作曲)コンビによるピンク・レディーの代表曲だが、名曲は色褪せないと実感した。さらに「MUGO・ん…色っぽい」(工藤静香)は、選曲といい歌声といい最高に似合っていた。

さらにここで、ファンクラブ“Cherii♥”の発足を発表。大きな歓声が上がる。フランス語で“愛しい人”という意味だそうだが「最後が“eri”だったため、“i”を足して造語にしました」と、自身で考えたファンクラブの名前の由来を語る。「私は皆さんと繋がっていないと死んじゃうので(笑)、ライブがないところでも距離が近く感じられるようなファンクラブにしたいと思います!」と、笑顔でいろいろなコンテンツを充実させていきたいと話していた。

そして最後の曲は「みなさんと一緒に踊って歌いたいと思います」と振り付けをレクチャー。ここまで歌って来た昭和歌謡とは毛色の違う、仕掛け&展開がたっぷりの楽曲「Zi-Gu-Za-Gu Emotions」を、みんなとダンスを楽しみながら歌い、本編を終えた。

アンコールでは、このコンサートのグッズで登場したオリジナルキャラクター・シュシュ(トイプードルとのこと)の誕生を祝した擬人化衣装で登場。もこもこのスカートに尻尾が可愛らしい衣装で、1stアルバムのリード曲「全部キミのせいだ」を、大きなコールとともに歌うと、名残り惜しさもありつつ、「これからも私が、みなさんの日常の中の小っちゃな幸せの欠片になれたらなと思います。最後にお届けする曲は〈あなたに捧げるハーモニーを奏でるの〉という歌詞が入っている『Pearl tears』です。私の初作詞曲を聴いてください」と語って、優しくしっとりと、「Pearl tears」に込めた想いをひとりひとりに届けて、最後は心から「大好きよ」と歌い、2ndコンサートを締めくくった。

【セットリスト】

夏の扉(松田聖子/81年)

アリス*コンタクト

ペッパー警部(ピンク・レディー/76年)

空っぽのパペット

DESIRE -情熱-(中森明菜/86年)

Lunatic Romance

恋のバカンス(ザ・ピーナッツ/63年)

雨と魔法

天使のウィンク(松田聖子/85年)

バレンタイン・キッス(国生さゆりwithおニャン子クラブ/86年)

Dreamy Princess

ドーナツガール

S・O・S(ピンク・レディー/76年)

MUGO・ん…色っぽい(工藤静香/88年)

Zi-Gu-Za-Gu Emotions

<encore>

全部キミのせいだ

Pearl tears
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。