体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初心者にもオススメ!?? 松嶋初音が最新輸入車を試乗レポート

初心者にもオススメ!??  松嶋初音が最新輸入車を試乗レポート
J-WAVEで放送中の番組「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。2月11日(日)のオンエアでは、「第38回JAIA 輸入車試乗会」の模様をレポートしていました。

毎年、神奈川県の大磯で開催されているJAIA(日本自動車輸入組合) の輸入車試乗会は、各国の最新輸入車の性能を体で感じることのできるメディア関係者を対象としたイベントです。番組からは松嶋が参加し、プロの記者に混じりながら注目の輸入車の乗り心地や違いなどをお伝えしました。

まずご紹介したのは「ルノー トゥインゴ GT」で、5速MTと6速EDC(エフィシエント・デュアル・クラッチ)の2タイプがあります。900ccの3気筒ターボエンジンということで、ピストンは「6速EDCだと、元気よく走ると思います」とコメント。加えて特徴的なのが、エンジンを後方に配置した「RR」と呼ばれる駆動方式を採用していること。ピストンは「これが(違いが)分かるかどうかも大事」と、試乗前の松嶋にプレッシャーをかけていました。

実際に試乗した松嶋は、まず丸みを帯びたクラシカルな内装に「カワイイ!」を連発。そして、その走行感を「左右の幅など、自分の車の大きさをすごく感じやすい」と話し、初心者にもオススメしていました。さらに注目の「RR」ついては、アクセルを踏んですぐに違いに気がついたようで「感じた! 今、後ろからぐーっと押されましたよね? これがRRってやつですね!」と興奮気味に語っていました。その後も松嶋は、EDCによる自然なクラッチの繋がりに感激するなど大満足の試乗となりました。

続いての試乗車は、プジョー「308SW Allure BlueHDi」。プジョーのラインナップでも売れ筋のモデルで、今回松嶋が乗り込むのはディーゼルエンジンを搭載したモデルとなります。ピストンは、ディーゼル車のメリットとして、トルクがよく、加速感が得られる点をあげつつも「どのくらいの振動と騒音があるか」を気にしていました。

この心配に応えるべく、試乗を始めてすぐにエンジン音をチェックする松嶋。しかし、振動も騒音もほとんど感じられなかったようで「え? これ? このコロコロっていってるやつ? いや、気にならないでしょ!」とピストンの神経質さを笑い飛ばしていました。

そんな松嶋は、この車の後部座席からの見晴らしを特に気に入った様子。大きな左右の窓と広くとられたサンルーフから大迫力で見える海と空に「この車で大磯ロングビーチは大当たりですよ!」と、運転を同乗者に任せて大はしゃぎしていました!

この他にも番組では「レンジローバーイヴォーク」や「アウディRS5クーペ 」などの試乗レポートもお送りしました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy