体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人風カラーで人気の『T H R O W』から初のヘアケアラインがデビュー!

サロン向けヘアカラーブランド「THROW(スロウ)」、初のヘアケアラインが誕生

人気ヘアサロン「air」、「Belle」の協力を得て開発された、こだわりのニュアンスヘアカラーブランド「T H R O W (スロウ)」からヘアケアライン「HAIR COLOR CARE」が、2018年4月4日より全国の理美容室で専売品として新発売されます。
ラインアップは、うるおいのあるやわらかな仕上がりの「モイスト」、ふんわりとしたやわらかな仕上がりの「エアリー」のシャンプー・トリートメントにT H R O W カラーのベースとなるシアーブルー染料を配合し、色持ちを向上させる「カラーケアシャンプー」と、ヘアカラー直後の残留物を除去し、頭皮と毛髪をケアする「カラーチューナー」を展開します。

ヘアケアラインを開発した理由

ヘアカラーブランド「 T H R O W 」 は色みの表現が困難だったクールカラーも内部からしっかり染め上げ、「思い通りの発色」を実現するニュアンスヘアカラーブランドとして2016年6月1日に誕生しました。外国人のような髪色と質感の仕上がりで外国人風カラーの人気を牽引してきました。

サロンカラー市場においてはサロンカラーが伸張傾向にある一方で 、カラーによるダメージや頭皮への影響、褪色に対応する満足のいく製品が少ないという現状も……。このような背景をふまえ、今回新発売される「HAIR COLOR CARE」は、カラーの「色持ち」「ダメージの抑制」「質感」を操り、思いのままの表現を叶えるヘアケアラインです。

T H R O W カラーが叶える、「色感」「透明感」「抜け感」を最大限に引き立たせ、こだわりの“ アッシュ” をもっと楽しむための発色を最大限にサポート、ヘアカラーによる髪のダメージを解消、指どおり・質感・香りから伝わる確かな実感の3つのこだわりの処方により、T H R O W カラーのクオリティを高めます。

6つの特徴

1.ヘアカラーの褪色抑制を追及した「Ion Complex Protection 処方」

《モイスト及びエアリーシャンプー共通処方》
アミノ酸系を主体とした界面活性剤のマイナスイオンと毛髪保護成分※1のプラスイオンが シャンプー中に反応することでイオン結合し、水に馴染みにくい疎水性のプロテクトフィルムを毛髪表面に形成。このプロテクトフィルムが染料の流出を防ぐとともに質感とツヤの向上を叶えます。
※1 ポリクオタニウム-10(ヘアコンディショニング剤)

2.キューティクルと水分保持に着目したダメージケア

《モイスト及びエアリートリートメント共通処方》
リペアモイスチャー成分※2によりキューティクルの隙間を埋めることで、毛髪成分の流出を抑え、強度・水分保持力を高め、カラーの定着とやわらかな手触り・ツヤをもたらします。
※2 加水分解ハトムギ種子(保湿剤)、ポリ-ε-リシン(保湿剤)、ポリクオタニウム -51(保湿剤)、オレイン酸コレステリル(加脂剤)、スクワラン(加脂剤)

3.頭皮と毛髪をすこやかに整える「ボタニカルオイル&ボタニカルエッセンス」配合

5種のボタニカルオイル※3、と8種のボタニカルエッセンス※4を配合。植物成分が頭皮と髪に潤いを与えます。
※3 シア脂、オリーブ果実油、ホホバ種子油、ブドウ種子油、ヒマワリ種子油 (毛髪保護剤)
※4 セイヨウイラクサ葉エキス / フキタンポポ葉エキス / スギナ葉エキス / ローズマリー葉エキス / セージ葉エキス / セイヨウノコギリソウ花エキス / ミツガシワ葉エキス / ヨーロッパシラカバ葉エキス(保湿剤)

4.「ボタニフレッシュハーブ」の心地よい香り

1 2 3次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。