体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観、「相手の反応が理想と違ったとき」は…

尾崎世界観、「相手の反応が理想と違ったとき」は…
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。2月12日のオンエアでは、リスナーからの「弱っている人にどう声をかけるか?」という相談に乗りました。

リスナーの相談は、このようなもの。

「私の大切な友だちのお父さんが亡くなってしまいました。私は悲しくてただ泣くことしかできず、なんて声をかけてあげたらいいかわかりませんでした。『大丈夫?』も違う気がするし……尾崎さんならなんて言ってあげますか?」

メールを読み上げた尾崎は「難しいですね、これは」と一言。そして以下のように続けました。

「相手の反応がそっけなかったらショックを受けるだろうし、『せっかく心配してあげてるのに』と思ってしまったり。それはきっと、自分が心配してあげて『優しい人だな』と思われたい、『この人やっぱりいいな』って思われたい欲があるからなんでしょうね」

尾崎も、人に優しくしたときにそっけない態度をとられ「なんだよ、せっかく言ってやってるのに。もういいよ」と思いつつ、「それも結局自分のワガママだよなあ」と感じたことがあるそう。

「人に優しくしたのに理想の反応を返してくれなかったとき、自分のことが見えると思うんです。簡単なことで言うと、おみやげを渡したらいまいち喜んでもらえなかったとかね。プレゼントあげて『なんか違う』って言われたときの感情。本音と建前を引き算して、あとに残ったのが自分の本当の気持ちなんだと思います」

リスナーに対しても、「引き算をしたうえで、残った自分の気持ちでその人にぶつかったらいいんじゃないでしょうか」とアドバイスしていました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。