体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SuperorganismのOronoが抱負語る「火星を目指します」

SuperorganismのOronoが抱負語る「火星を目指します」
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。2月11日(日)のオンエアでは、8人組多国籍バンド・Superorganismから、ボーカルのOronoさんをゲストにお迎えしました。

イギリスを拠点に活躍するSuperorganism。日本人のOronoさんは、昨年6月に高校を卒業したばかりです。いきなりプロミュージシャンになったことについて「ズルいですよね。自分の予定では、アメリカの大学に行って、気の合う人たちと会って、バンドをはじめて、20代後半で売れたらいいかなと思ったんですけど、大学とか全部飛ばしてしまって……」(Oronoさん 以下同)と語りました。

Superorganismのメンバーは、イギリスで共同生活をしています。メンバーは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど多国籍なうえ、年齢も20代後半〜30代前半と年上です。そんな彼らとの生活について「メリットはお腹が空いているときに、他の人に頼んで買ってきてもらえるので外にでなくていいこと。大変なことは家が汚くなるので、掃除当番が面倒くさいこと」と、共同生活ならではの悩みを明かしました。

3月2日(金)には、待望のファースト・アルバム「Superorganism」がリリースされます。曲作りについては「曲によって違いますが、誰かがざっくりとしたアイディアをみんなに送って、みんなで付け足していきます。(中略)私はギター、サックス、キーボード、リコーダーができます」とのこと。Oronoさんは、作詞やアートワークを手がけるなど、幅広くバンドに関わっています。

番組恒例のピンポンボックスの質問にも答えてもらいました。この世で一番怖いものは「痛いもの。死ぬときも痛くなければ大丈夫。歯医者とか無理です」と回答。また、最近買ったものは「ヘッドフォン。ヘッドバンドみたいになっているやつで、寝てるときにそのまま気持ちよく寝られる」と話しました。

今後の抱負について訊くと「とにかくデカいバンドになりたいです。火星を目指します。イーロン・マスクと一緒に火星に行って、火星初のパフォーマンスをやるバンドになりたい」と野望を明かしました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜 13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。