体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピックの舞台・平昌…日本との食文化の違いは?

オリンピックの舞台・平昌…日本との食文化の違いは?
J-WAVEの番組「ACROSS THE SKY」(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「WORLD CONNECTORS」。2月11日(日)のオンエアでは、2018年冬季オリンピックの舞台「平昌」に注目。自然豊かな韓国の地方都市の魅力に迫ります!

海抜700メートルに位置し「韓国のアルプス」と呼ばれている平昌。人口約4万人、緯度は新潟県長岡市と同じで、日本との時差はありません。そんな平昌の魅力を、韓国専門の旅行会社「三進トラベルサービス」代表取締役・立木健康さんに伺いました。

オリンピックが開幕し、立木さんは「開催地がソウルから離れているので、行き方がわからないお客さんが多く、相談を受けたりして、いつになく忙しい」と話します。ただ先月、路線が開通したばかりの高速鉄道(KTX)によって、ソウルから平昌まで1時間弱と、非常に行きやすくなったそうです。

夏は避暑地、冬はスキー場という平昌は、リゾートホテルが多いエリア。オリンピックは、山間の平昌、その奥にある旌善(チョンソン)、海沿いの江陵(カンヌン)の3カ所の広いエリアで行われており、移動が大変なのだとか。

また、平昌は韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地として、日本のファンが数多く訪れた場所としても知られています。江原道(カンウォンド)のエリアは、山も海もあり、四季を通じて楽しめ、特に紅葉がきれいなので登山が人気だそう。登山をしないとお参りできないお寺も多く、「テンプルステイ」という、お寺に宿泊し、僧侶と一緒に修行や瞑想、精進料理を食べる作法を体験できるプログラムもあります。

平昌の食文化についても伺いました。山の幸に恵まれており、山菜料理が人気。日本では珍しい「コンドレパブ」という野あざみの葉を使ってご飯を炊いた料理や、ぜんまいなどが小さな皿にもられた料理などがあるそう。韓牛(ハヌ)というブランド牛が食べられる横城(フェンソン)の焼肉店では、1階が精肉店になっており、好みの部位を買って、2階のお店で焼くというスタイルを楽しめます。

魚介は、スケソウダラがとれる地域。寒暖の差が激しいため、おいしい干しダラができます。専門店も多いのだそう。刺し身は、半分凍った状態のマグロをコチュジャンにつけて食べたり、魚一匹を注文してさばいて刺し身にしてもらったりと、日本との食文化の違いを感じさせます。

オリンピックをきっかけに興味を持った方は、チェックしてみては。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACROSS THE SKY」
放送日時:毎週日曜 9時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy