体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる

暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる

時にはたった1人で茂みなどで息を潜ませ、ターゲットの動きを監視し続けることもあるという探偵の仕事では、24時間調査できることが重要です。そこで活躍するのが赤外線暗視スコープ。最上級クラスの暗視スコープを、実際に暗闇で使用してみました。

軍事用レベルの赤外線暗視スコープ

探偵が暗闇でターゲットを監視するのに活躍するのがPULSARのヘッドマウント型の赤外線暗視スコープ「CHALLENGER G2」です。倍率は3倍で、視認距離は最大400m。サイズは60W×75H×210Dmm/650gとなっています。

専用ヘッドマウントを頭に装着すれば、両手が自由になるためメモや録音などその他の調査活動がラクチン。単独での調査活動が求められる探偵に重宝されているそうです。

また、CHALLENGER G2は軍事用レベルの赤外線暗視スコープであり、個人で手に入れられる中で最も高性能な第2.5世代の暗視性能を搭載し完全な暗闇でも視認できます。

暗視コープの赤外線をオンにする

赤外線暗視スコープでよりターゲットを鮮明に写したい場合は、IRモードをオンにします。赤外線が照射され、人物の服までもハッキリと確認できます。

実際に、明かりもない夜の神社で暗視スコープを使ってみました。普通のカメラでは真っ暗で、まったく太刀打ちできない状態だったものが、暗視スコープで見ると全体的に明るくなり、人物も十分に確認できるレベルになります。

さらに、暗視コープの赤外線をオンにするとターゲットに赤外線が照射され、人物の顔もハッキリと視認できるようになったのです。この暗視スコープの実勢価格は324,000円になります。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会