体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『WONDERFUL FISH』に見る今も変わらない、斉藤和義のロックアーティストとしてのスタンス

中村達也とのロックユニット、MANNISH BOYSの楽曲「GO! GO! Cherry Boy!」が2月17日より公開された映画『チェリーボーイズ』の主題歌に起用された斉藤和義。2018年8月にデビュー25周年を迎えるとあって、3月14日に約2年4カ月振りとなるニューアルバム『Toys Blood Music』を発表後、埼玉を皮切りに41都市47公演に上る大規模な全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”』をスタートと、今年は例年以上に精力的な動きを見せるようだ。そんな彼のアーティストとしての本質を過去作とともに振り返る。
これだけはおさえたい邦楽名盤列伝! (okmusic UP's)
デビュー15年目のブレイク

本稿作成の参考に…とWikipediaの斉藤和義のページを見ていてニヤリとしてしまうと同時に、“これも斉藤和義らしいなぁ”と思わず膝を打った。略歴の項目。そこに“デビュー15年目以降”という小見出しがある。所謂プロフィールなのだが、その“デビュー15年目以降”以降の紹介文の方が圧倒的に多く、しかも充実しているのだ。1995年の“同年代の一般女性と結婚”からその“デビュー15年目以降”までの間は何も記述がなく、まるで活動を休止していたかのようである。

もちろん、彼は活動休止などしてないし、しっかりと記載されたディスコグラフィーが示す通り、デビュー以来、斉藤和義は音源制作を欠かした年はない。ひいてはこの間、ライヴ活動も欠かした様子はないのだが(それは公式webサイトで確認)、この辺はあたかも“アーティストのやることは音源制作とライヴの他に何かある?”と言っているかのようである。

Wikipediaの“デビュー15年目以降”にしてもよくよく見ると、CMタイアップの件や2012年の『NHK紅白歌合戦』出演の記載はあるものの、あとは大型フェスやイベント参加に関する記載がほとんどで、こんなところからも、やはりこの人は徹頭徹尾、ミュージシャンであることが分かるのである。ちなみに斉藤和義は、1999年に伊藤広規(Ba)、小田原豊(Dr)とSevenなるバンドを組んでおり、この件はWikipediaの略歴に載せてもいいと思うのだが、これは彼にとって黒歴史なのだろうか。そうじゃなかったら、誰か追加編集頼む。
“時代が彼に追いついた”奇跡的な偉業

…と熱弁しつつ、こんなことを言うのはほとんど反則技だろうが、“デビュー15年目以降”の前の斉藤和義は大きなヒット曲に恵まれた様子もないので、それもやむなしという気もする。斉藤和義の代表曲のひとつ、15thシングル「歌うたいのバラッド」は1997年にリリースされているが、その発売当初、あるいは同年発売の6thアルバム『Because』に収録された時点で、ファンの間では名曲の誉れ高い楽曲であったものの、それが広く知れ渡ったのはMr.Childrenの桜井和寿がBank Bandでカバーした2007年頃からであろうから、やはりそれも“デビュー15年目以降”のこと。

それ以前のトピックらしいトピックとなると、Wikipediaにもある通り、1994年にリリースされた4thシングル「歩いて帰ろう」がフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』で使われたことくらいになるのだろう。だが、かと言って、当時、デビュー15年目までの斉藤和義の音楽が未成熟だったかと言えば決してそうではなかったことは、それこそ、その「歌うたいのバラッド」や「歩いて帰ろう」が後年に評価されたことが証明している。

「歌うたいのバラッド」は前述の通りだし、「歩いて帰ろう」は2015年にスズキの『ラパン』のCMやフジテレビ系バラエティー番組のメインテーマ曲に起用されたこともあってか、2016年度のJASRACの著作権使用料分配額ランキングで国内作品の年間10位を獲得したという。発売後20年以上を経てのブレイクはほぼ奇跡的な偉業と言える。当然のことながら、メロディー、歌詞、アレンジは当時と何も変わっていないので、チープな形容ではあるが、“時代が彼に追いついた”とはまさにこのことであろう。言うまでもなく、斉藤和義はデビュー時から才能あふれるロックアーティストだったのである。
確信的であり自由自在でもある表現

つまり、斉藤和義の音楽制作に向かう姿勢にはデビュー時から確固たるものがあったことは初期作品からもうかがえるわけだが、それこそ中村達也とロックユニット、MANNISH BOYSを組んだり、彼がのちにさまざまなアーティストとコラボレーションをしたり、多くのトリビュートアルバムで他のアーティストの楽曲をカバーしたりと、今も自由自在な音楽表現をしている斉藤和義の姿もまた垣間見ることができる。問答無用にロックで、バラエティー豊か。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。