体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

利用者9万人! 自分の時間を売る「タイムチケット」に注目

利用者9万人! 自分の時間を売る「タイムチケット」に注目
J-WAVEの新番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「SWITCH FOR 2021」。2月11日(日)のオンエアでは、自分の時間を売ることができるサービス「タイムチケット」に注目しました。

このサービスは、もともと「私の30分、売りはじめます」というキャッチコピーで始められたもので、インターネットで自分の時間を売買できるというサービスです。ユーザー登録をして、販売したい内容・価格・時間を決めて“チケット”を販売。購入側はクレジットカードで決済し、販売側が OKをすれば当日に会う、という仕組みです。サービス開始から3年半で、利用者は9万人にも上ります。

運営をしている「株式会社グローバルウェイ」の山本大策さんによると、業界の専門家や起業家、ネットに詳しい人に相談できるチケットや、カメラマンがプロフィール写真を撮影するといったもの、恋愛相談に乗るなどの内容が人気だそうです。中には「30分すべらない話をし続けます」「あなたと一緒に行列に並びます」といったユニークなものも好評だとか。

価格は、1時間3000円が最低価格で上限は50万円まで。平均すると5000円から1万円前後が人気だとか。利用者は、25歳〜35歳くらいの方が多く、男女比率では男性7割、女性3割ほどだそうで「販売側も購入側も、これからの自分の働き方やキャリアを、意識的に自分で作っていきたいという方が多いです」(山本さん)とのこと。

さらに、販売した人は売上の一部を寄付することができ、割合も1パーセントから100パーセントまで決めることができます。山本さんは、個人の働き方の可能性が多様に広がる社会を目指し、「これからは、新しい働き方をする個人が増えていき、個人間で助け合える社会になれば」と展望を語りました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。