体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

完全自動操縦のドローン「R1」はコンピュータービジョンで徹底追尾!

米国カルフォルニア州拠点のドローンスタートアップSkydioは、人工知能を搭載したクワドコプタードローン「R1」を公開した。

被写体をしっかりとコンピュータービジョンでとらえ、また障害物を避けながら4Kで撮影するというプロレベルのドローンだ。

・ナビ用カメラ12個搭載

オート操縦、4K撮影、自動追尾と聞いて、「他のドローンの性能とさほど変わらないのでは」と思う人もいるかもしれない。

だが、R1は開発元が言うように、ワンランク上のレベル。何が違うかと言うと、R1には周りが“見えて”いるのだ。ナビゲーション用のカメラを12個搭載し、それらのデータを人工知能で処理。障害物や追尾する対象などを的確に見極めることができる。

例えば、木立の中をランニングする人の後をついていくとき、上手に枝などを避けながら適度な距離でぴたりと追尾する。さらには、ベストショットを撮るにはどうしたらいいかということも学習させてあるので、左右上下に障害物を避けながら安定撮影も行う。

・手のひらから離陸

自動操縦レベルはかなり高度で、事実、ユーザーはコントローラーを持つ必要がない。使うのはアプリをダウンロードしたスマホだ。

手のひらからR1を離陸させ、追尾してほしい人物をカメラでとらえると、それがR1に伝わり、あとはハンズフリーとなる。

このドローンでどんな撮影が可能になるか、同社サイトに迫力ある映像がアップされているので、興味のある方はチェックしてみて。

R1の価格は2499ドル(約27万円)となっている。

Skydio

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。