体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xiaomi、スペックを高めた「Redmi Note 5 Pro」を発表、Redmi Note 5も一緒に登場

中国の人気スマートフォンメーカー Xiaomi がコストパフォーマンスに優れた Redmi シリーズの新モデル「Redmi Note 5」および「Redmi Note 5 Pro」を発表しました。
Redmi Note 5 は出ないと言われていた中での登場となる Redmi Note 5 / 5 Pro は、昨年末に発売された Redmi 5 / 5 Plus よりも良いスペックを持つモデルで、どちらも 5.99 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルの FHD+ ディスプレイを搭載しています。
Redmi Note 5 のスペックは Redmi 5 Plus 相当と言える内容ですが、Redmi Note 5 Pro はスペックが大幅に強化されています。
その代表的な箇所がスマートフォンで最初に Qualcomm Snapdragon 636 プロセッサを搭載しており、昨年多く発売された Snapdragon 630 を搭載するミッドレンジモデルよりも性能は良いと期待できる点です(Redmi Note 5 は Snapdragon 625)。
Redmi Note 5 Pro はデュアルカメラを搭載しており(Redmi Note 5 は 1,200 万画素のシングル構成)、1,200 万画素(1.25μm、F2.2) + 500 万画素(1.12μm、F2.0)という構成で、サブカメラは主に写真品質の向上や背景をぼかすなどの高度なフォトグラフィーのために用いられています。
また、Redmi Note 5 Pro のフロントカメラは他社の機種だとメインカメラとしても使用されている Sony IMX376 の 2,000 万画素で、LED フラットも備えており自撮り機能を強化しています。
バッテリー容量はどちらも 4,000mAh で、USB コネクタも Micro USB です。
メモリは 3GB RAM + 32GB ROM、4GB RAM + 64GB ROM、Redmi Note 5 Pro には 6GB RAM + 64GB ROM モデルもあります。
OS は Android 7.1 Nougat で、MIUI 9 で発売されます。
ブラック、ゴールド、ローズゴールド、ブルーの 4 色となっています。

■関連記事
Googleカレンダーのアプリに予定の複製とコピー機能が追加
Galaxy S8 / S8+のAndroid Oreoアップデートがグローバルモデルで開始
レーシングタイプのトイドローン「Wingsland X1」のレビュー オプティカルフローでピタッと安定ホバリング、本格的なFPVフライトも楽しめる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会