体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「最も近い他人」の助言に勝る“良薬”はないーー山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支援するオンラインスクール「彩塾」の塾長として、これまでに600名以上の門下生を輩出。2016年から夫婦そろって中国での講演をスタートさせるほか、「夫婦コミュニケーション」をテーマにした講演活動にも力を入れています。f:id:k_kushida:20180208211413j:plain

そんな山口拓朗さんが自身の経験から編み出した「夫婦円満法」を公開するこのコーナー。第11回は「夫婦間コンサルティングのすすめ」です。

人の視点は、その人自身にくっついている?

他人のことはよく見えるのに、自分のことはよく見えない。

この言葉に賛同する方は多いでしょう。自分のことが自分で見えていれば、人生での迷いは激減するでしょう。何か選択肢を突きつけられたとき、あるいは、何か問題が起きたときも、慌てる必要がなくなります。客観的に自分を見つめて、最適な解決策を打ち出せばいいわけですから。

しかし、そう簡単にはいかないのが、私たち人間というもの。人の視点は、その人自身にくっついており、自分から離して、客観的に自分を見つめること(=自己客観視)が極めて難しいのです。

人間のコミュニケーションに「相談」が多いのも、人が自己客観視を苦手にしていることの表れでしょう。自分では自分のことがよく見えないから、客観的に見えている他人に助言を求めるのです。

状況にもよりますが、一般論としては、人から受ける助言はありがたいものではないでしょうか。そして、人の助言に耳を傾ける人と傾けない人とでは、前者のほうが、より豊かな人生を歩んでいるのではないでしょうか。「耳を傾ける=素直さ」であり、また、「自己客観視できる絶好の機会」だからです。

パートナーの助言に耳を傾ける?それとも、傾けない?

では、自分のことが最も見えている人は誰でしょうか? それは、夫婦のパートナーです。親子や兄弟の場合、少し距離が近すぎます。そもそも血縁のアヤとでもいいましょうか。それぞれの「思い込み」や「思惑」が邪魔をして、冷静に相手を客観視できないことも少なくありません。

一方、夫婦のパートナーは“最も近い他人”です。親子ほど近すぎず、かといって知人・友人ほどは遠くない存在。だからこそ、的確に相手を見ることができるのです。

(1)パートナーの助言に耳を傾ける人

(2)パートナーの助言に耳を傾けない人

あなたは(1)と(2)のどちらでしょうか? 世の中には、パートナーの助言を「口うるさいだけ」ととらえて、聞く耳をもたない人もいます。相手が口にする言葉のほとんどを「お小言」「否定」「批判」ととらえる人もいれば、カッとなって言い返してしまい、関係をギクシャクさせてしまう人もいます。(2)のタイプです。そもそも「(パートナーの)助言は受けたくない」と、聞く耳をふさぎっぱなしの人もいます。

しかし、筆者の経験上、パートナーの助言は「“お小言”の顔をした“宝物”」であることがほとんどです。(客観視しづらい)自分についての“さまざまな気づきをくれる”とてもありがたい宝物です。事実、筆者は(2)のから(1)の生き方へシフトすることによって、人生が大きく変わりました。

パートナーの助言を受け入れることのメリットとは?

どうして(1)のような生き方、つまり、パートナーの助言に耳を傾ける生き方がおすすめなのでしょうか。それは、「長所伸長」と「短所克服」がしやすくなるからです。相手の助言に従って、長所を伸ばし、短所を克服していく。あるいは、その結果、社会(や会社)に順応したり、新たな人生を切り開きやすくなったりするケースもあります。

たとえば、本人が「自分はアイデアマンだから商品開発が合っている」と思っていても、パートナーから見ると「アイデアマンというよりも……人付き合いがとても上手だから、この人に営業やらせたら成功すると思う」と見えるようなことがあります。この場合、パートナーから「営業が向いているんじゃない?」「営業部への異動願いを出してみたら?」という助言を受けない限り、その人は、延々と商品開発部に身を置き続けるかもしれません。つまり、本来の才能を開花させずに、一生を終えていたかもしれない、ということです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。