体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TERU(GLAY)、サン・マルコ広場でのライブをTAKUROとともに大成功に収める

2018年2月13日(火)14:00にイタリアはヴェネツィア、サン・マルコ広場で開催されていたカーニバルのステージにTERUとTAKUROが出演した。当初は前日の12日(月)の夕方に出演を予定していたが、雨天により野外ステージの使用が不可と判断され、この日のプログラムは全てキャンセルとなり、TERUとTAKUROの出演のみ翌13日(火)に振替となった。
2月13日(火)@ヴェネツィア、サン・マルコ広場 (okmusic UP's)

13日(火)はカーニバルの最終日、そして晴天ということでカーニバルを楽しみに集まった8000人程の人々がステージの周囲に集まり、中には日本から訪れたファンの姿も見られ、2人の登場を待ち詫びていた。そして14:00になると2人のステージがスタート。今回はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、そしてキーボードの現地ミュージシャン4名を迎えての演奏だった。TERUが“日本から来ました、GLAYのTERUです”とイタリア語で挨拶をすると拍手が起こる。ヴェネツィアで演奏することのきっかけともなった曲「the other end of the globe」ではTAKUROが観客の拍手を促すと大きな拍手がサン・マルコ広場に広がった。

イタリア語での曲紹介を交えながら「pure soul」「あなたといきてゆく」を演奏し、最後に「HOWEVER」の曲名を伝えると大きな歓声があがる。急遽の振替ステージとなったがTERUとTAKURO、そして現地ミュージシャン達は無事4曲を完奏した。TERUは“Ci rivediamo l’anno prossimo!(また来年会いましょう)”、そしてTAKUROも“Grazie!(ありがとう)”とサン・マルコ広場に集まった聴衆に挨拶し、大歓声を背に受けてステージを降りた。二度目のサン・マルコ広場への登場は一度は雨に阻まれたものの、今回も大成功となった。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy