体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥、クリスティーナ・アギレラ風にライブを盛り上げる?

乃木坂46・齋藤飛鳥、クリスティーナ・アギレラ風にライブを盛り上げる?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。2月10日(土)のオンエアでは、リスナーからの質問に答えました。

■ライブで使える英語のあおりフレーズは?
「乃木坂46は、これから海外でのライブも増えていくと期待しています。『さぁお前ら盛り上がっていくぞ!』的な、ファンが喜ぶあおりフレーズがあったら教えてください」というリクエスト。「Are you ready?」といった有名な盛り上げ方もありますが、今回ハリーは、クリスティーナ・アギレラの曲「Dirty」からピックアップ。同曲冒頭で使われている「Ready to party!」を引用して「Are you ready to PAAAAAAARTYYYYY!!!!!!!!!」というフレーズを伝授しました。斉藤がライブを想定して「Alright people, are you ready to party?」と叫ぶと、ハリーは「齋藤・アギレラが出たよ」と感想を一言。これに齋藤も笑っていましたが、「使いたいと思います」と話していました。今後、ライブでこのあおりフレーズが聞けるかもしれませんね!

■花屋さんで「オススメは何ですか?」と英語で質問
コーナー後半では、ひさびさの寸劇で英語フレーズを学びました。J-WAVEでは、バレンタインデーに男性からもお花と音楽で愛や感謝を伝える「Flower Valentine with J-WAVE」というキャンペーンを実施中。そこで今回は、齋藤が「大切な人に贈る花を選びに行く」という設定で演じました。その中から重要なフレーズをピックアップ。

「What’s your recommendation?」もしくは「Do you have any recommendation?」(おすすめは何ですか?)。こちらは花屋さんだけでなく、レストランなど、幅広いシチュエーションで使えるフレーズです。また、ハリーの「どんな花をお探しですか?」という質問に対して齋藤が返した「Jolly」(陽気な)。「Jolly good」というように、何かを強調したいときに「Jolly」を「very」の替わりとしても使えると解説しました。

ほかにも、ちょっと変わった花を選んでもらうときに使った「毒々しい」という意味を持つ「poisonous」や、「皮肉的な」という意味の「ironic」といった単語も勉強しました。「オススメは何ですか?」というフレーズ、機会があればぜひ使ってみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。