体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平昌五輪とスケートが楽しめる「三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020」

平昌五輪とスケートが楽しめる「三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020」
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。毎週出かけたくなるような情報を紹介しています。2月10 日(土)のオンエアでは、六本木ミッドタウンで開催中の「三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020」を紹介しました。

「東京オリンピックを、アイスリンクを通じて応援していこう」という同イベント。屋外で800平米の広さで、都心で最大規模のアイスリングです。夜はイルミネーションの中で滑れるので、カップルから親子連れ、仕事終わりの人まで、幅広い層が遊びに来るそう。

手ぶらで遊びに行けるのもメリット。レンタルシューズはもちろん、手袋もその場で購入可能。荷物を預けるロッカーもあるので、思い切り滑ることができます。

リンクには、日本オリンピック委員会(JOC)と連携した平昌五輪日本選手団応援ブースも設置。過去の冬季五輪で羽生結弦選手が着用したウェアなどを展示しています。「滑れるか不安」という人も、目で楽しめますよ。

マリエがオススメする時間帯は夕方。「日が沈んだあとのイルミネーションも楽しめるのが、ミッドタウンのアイスリンクならでは」とのこと。リンクの近くでは、平昌五輪のパブリックビューイングもおこなっており、8Kの迫力ある画面で平昌五輪の応援を楽しめます

「三井不動産アイスリンク for TOKYO 2020」は、靴のレンタル代込みで大人1500円、中学生以下1000円となっています。3月4日(日)までの開催で、営業時間は11時〜22時、受け付けは21時まで。ぜひ足を運んでみては。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。