体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魅力ない?訪日観光客に向けた茨城県の逆襲

ブランド総合研究所が昨年10月に発表した都道府県の魅力度ランキング。茨城県は、5年連続で全国ワーストの47位となりました。そんな茨城県が、訪日観光客に向けて本気のPR動画で逆襲します。

茨城県の魅力を配信するインターネット動画サイト「いばキラTV」は、県ならではの魅力を詰め込んだ3分間の動画「VISIT IBARAKI JAPAN Omnibus」を13日にリリースしました。

シネマカメラを活用したこの動画。映像と音楽のみで構成された異質のPR動画ですが、「茨城ってすごいんだ」と思わせるクオリティとなっています。

どこまでも続く青い空や荘厳な無病息災を祈る茅の輪、牧歌的な田園風景から動画はスタートします。そして茨城県の様々なスポットを歩く訪日観光客。約200ヘクタールの広大な「国営ひたち海浜公園」には、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれた春のネモフィラが咲き誇っています。

同園といえばジャパニーズロックの祭典、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」で有名ですが、魅力はそれだけじゃないのです。

また、動画内では金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ日本三名園の一つ「偕楽園」の紹介も。約100種、3,000本の梅は圧巻の景色。

青銅製立像として世界最大の牛久大仏は、ギネスブックに登録されているのをご存知でしょうか。

このように、魅力度最下位茨城県を見直すような、厳選された44か所が紹介されています。

茨城のインバウンド施策は右肩上がり

「いばキラTV」は全国で唯一県域テレビ局が無い茨城県が、2012年に開局しました。独自の視点から茨城県の新たな魅力を訴求するべく、毎回趣向を凝らした企画が発信されています。

その甲斐あって、開局5年で公開動画数10,000本以上、視聴数累計4,100万回以上、チャンネル登録者数63,000人超を記録。都道府県が運営する動画サイトとしては、動画掲載本数、総再生回数、チャンネル登録者数で2年連続日本一を獲得しているのです。

そしてこのほど茨城県は、インバウンド施策に本腰を入れてきました。茨城県における2016年の訪日観光客数は25万9,000人。これは前年と比べて2万人以上増加しています。

茨城県広報広聴課広報戦略室長の松崎達人氏は「茨城には、まだまだ知られていない、観光や食など非常にたくさんの魅力が隠れています。『これが茨城か!』と驚嘆されるような、世界に誇れる茨城を発信していきます」と意気込んでいます。

魅力度最下位からの逆襲。これからの茨城県の動向から目が離せません。SUUMO注文住宅 茨城で建てる 2018冬春
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy