体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メタリカのジェイムズ、連続殺人犯の伝記映画で俳優デビュー 撮影風景の写真公開

メタリカのジェイムズ、連続殺人犯の伝記映画で俳優デビュー 撮影風景の写真公開

 実在する連続殺人犯のテッド・バンディを描いた伝記映画に、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドが出演していることが明らかになった。『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』と題されたこの映画は、映画化前の優秀脚本を選ぶ【ザ・ブラックリスト】に選出された作品で、主演のザック・エフロンを筆頭にジョン・マルコヴィッチ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、リリー・コリンズ(フィル・コリンズの娘)、ジム・パーソンズ(『ビッグバン・セオリー』)など、その決定的に風変わりなキャストに注目が集まっていた。

 現在米オハイオ州シンシナティで撮影中のこの作品でヘットフィールドが演じるのは、ボブ・ヘイワードというユタ州ハイウェイ・パトロール警官で、1975年にバンディを初めて逮捕した人物だ。

 ヘットフィールドが映画で架空の人物を演じるのは初の試みだが、彼がキャスティングされたのはジョー・バーリンガー監督のたっての希望だったようだ。元々ドキュメンタリー作家だったバーリンガーは、2004年の『メタリカ:真実の瞬間 – Some Kind of Monster』の共同監督であり、バンドと過ごした体験を『Metallica: This Monster Lives』という著書にまとめている。彼は友人でもあるヘットフィールドを俳優として起用することについて、「ジェイムズと他のメタリカのメンバーと何百時間も舞台裏で一緒に過ごしているうちに、彼のカリスマ性とパワフルな存在感に近くで触れることができた。当然ながら役を演じる時にも、同じパワーと魅力を発揮できるだろうと思えたから、彼が映画への出演を承諾してくれた時は感激した」とDeadlineに語っている。

 メタリカの公式インスタグラムには、バーリンガー監督が投稿したジェイムズ、ザック・エフロン、そして監督自身の撮影風景の写真がリポストされている。

 『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』の公開日などの詳細はまだ未定だ。

◎メタリカの公式インスタグラム
https://www.instagram.com/p/BfJMF47AYN7/

関連記事リンク(外部サイト)

デイヴ・グロール&クリステン・ベル、メタリカと『アナ雪』の異色マッシュアップを披露
メタリカ、英マンチェスター公演でオアシスをカヴァー
メタリカのジェイムス、ライブ中にステージ上の穴に転落

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy