体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】TWICE「Candy Pop」が30万枚超を売り上げ4冠で総合首位 セカオワ&菅田将暉はダウンロード牽引して総合2位&3位に

【ビルボード】TWICE「Candy Pop」が30万枚超を売り上げ4冠で総合首位 セカオワ&菅田将暉はダウンロード牽引して総合2位&3位に

 初週累計303,746枚を売り上げたTWICE「Candy Pop」が、シングル1位、ルックアップ1位、ストリーミング1位、動画再生1位の計4冠で“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。これに併せて、TWICEの他楽曲もストリーミングと動画再生を大きく伸ばし、100位圏内に計10曲を送り込む躍進ぶりを見せた。「Candy Pop」の週間動画再生回数は5,967,235回で、同2位の「ダンシング・ヒーロー」に約300万回の大差を付け、前週よりも約200万回増となっており、しばらく総合上位を守り続けることは確実だ。

 冬季オリンピックのNHKテーマソングに選ばれたSEKAI NO OWARI「サザンカ」が、ダウンロード2位、ストリーミング9位、ラジオ3位、Twitter17位、動画18位で総合2位に。他に今回のオリンピックのテーマソングに選ばれているのは、嵐「白が舞う」(日テレ)、福山雅治「1461日」(テレ朝)、マライア・キャリー「Hero」(TBS)、NOKKO「翼」(テレ東)、GReeeeN「ハローカゲロウ」(フジ)。これらの楽曲がオリンピックの盛り上がりに合わせて今後チャート・インしてくるだろう。今のところ先行しているセカオワを脅かすこととなるか注目だ。

 日テレ系ドラマ『トドメの接吻』主題歌、菅田将暉「さよならエレジー」が、ダウンロード5位、Twitter8位、動画5位、ラジオ90位と、ダウンロードと動画再生が牽引する形で総合3位にジャンプ・アップした。MVには、当ドラマでも共演している山崎賢人が友情出演しており、今週の再生回数は2,492,805回となっているが、こちらもドラマの盛り上がりに合わせ、まだまだ数字を伸ばしてくるだろう。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Candy Pop」TWICE
2位「サザンカ」SEKAI NO OWARI
3位「さよならエレジー」菅田将暉
4位「Be The One」PANDORA feat.Beverly
5位「ハロー カゲロウ」GReeeeN
6位「here comes my love」Mr.Children
7位「POP TEAM EPIC」上坂すみれ
8位「TT」TWICE
9位「打上花火」DAOKO×米津玄師
10位「ハバナ feat.ヤング・サグ」カミラ・カベロ
11位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
12位「Do You Remember」B1A4
13位「東京」JUJU
14位「Monster!」SUPER★DRAGON
15位「PARTY ALL NIGHT~STAR OF WISH~」EXILE
16位「LIKEY」TWICE
17位「瞬き」back number
18位「HYDRA」MYTH & ROID
19位「うたエール」ゆず
20位「Hope」安室奈美恵

関連記事リンク(外部サイト)

2月19日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】TWICE『Candy Pop』が30万枚超の売上で週間シングル・セールス首位
E-girls、家入レオ、Twiceら女性アーティストからのバレンタイン応援メッセージがFM802でオンエア

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。