体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】モーニング娘。20th『二十歳のモーニング娘。』が総合アルバム首位 WANIMAとBRAHMANが続く

【ビルボード】モーニング娘。20th『二十歳のモーニング娘。』が総合アルバム首位 WANIMAとBRAHMANが続く

 2018年2月19日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、モーニング娘。20th『二十歳のモーニング娘。』が総合首位を獲得した。

 モーニング娘。の“誕生20周年”を記念した『二十歳のモーニング娘。』は、OGメンバーと現役メンバーのコラボレーション・アルバム。初動3日間で43,629枚、初週累計では49,326枚を売り上げてパッケージ・セールス1位となり、ダウンロード21位、ルックアップ41位と、他指標では伸び悩んだものの、このパッケージ・セールスの優位を守る形で総合順位でも首位に輝いた。

 前週総合2位だったWANIMA『Everybody!!』は、当週も順位を維持して総合2位を獲得。週間で9,605枚を売り上げてパッケージ・セールス7位、2,018ユニットでダウンロード2位と、セールス面でも好調を維持しているが、ルックアップが特に強い。前週、小差で安室奈美恵『Finally』からルックアップ1位の座を奪ったが、当週は『Finally』の倍に近いポイントをマークしており、この部門1位を堅守している。

 BRAHMANの約5年ぶりフルアルバム『梵唄 -bonbai-』は、初週累計16,888枚を売り上げてパッケージ・セールス3位、ダウンロード10位、ルックアップ15位となり、総合3位でデビュー。また、安室奈美恵『Finally』は、パッケージ・セールス6位、ルックアップ2位と、堅実に好調を維持して、総合順位では前週から1ランクアップの4位に。総合トップ5ラストに収まったのは、今回で15回目のチャートインとなる米津玄師『BOOTLEG』。パッケージ・セールス12位、ダウンロード3位、ルックアップ3位と、こちらも満遍なく高ランクをマークして、前週の総合7位からトップ5内返り咲きを果たした。

 当週ダウンロード1位を獲得したのは、中田ヤスタカの初となるソロアルバム『Digital Native』。他指標ではパッケージ・セールス10位、ルックアップ64位となっており、総合では8位をマークしている。フィジカル領域での伸びしろが今後のチャート・アクションのカギとなるかもしれない。

◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『二十歳のモーニング娘。』モーニング娘。20th
2位『Everybody!!』WANIMA
3位『梵唄 -bonbai-』BRAHMAN
4位『Finally』安室奈美恵
5位『BOOTLEG』米津玄師
6位『OUR TWENTY FOR』WINNER
7位『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Masterpiece Show トロワ-剣と絆の物語-』V.A.
8位『Digital Native』中田ヤスタカ
9位『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 06』V.A.
10位『MODE MOOD MODE』UNISON SQUARE GARDEN
11位『カミラ』カミラ・カベロ
12位『Blueprint』PANDORA
13位『PROUD』Ms.OOJA
14位『juice』Little Glee Monster
15位『COUNTDOWN』EXO
16位『24K・マジック』ブルーノ・マーズ
17位『アンコール』back number
18位『BEST GENERATION』GENERATIONS from EXILE TRIBE
19位『SPECIAL ALBUM:DIRECTOR’S CUT』SEVENTEEN
20位『15YEARS-BEST HIT SELECTION-』globe

関連記事リンク(外部サイト)

2月19日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】モーニング娘。誕生20周年記念AL『二十歳のモーニング娘。』が49,326枚を売り上げ週間アルバム・セールス首位
モーニング娘。オリジナルメンバー(中澤裕子/石黒彩/飯田圭織/安倍なつみ/福田明日香)×現役メンバーによる20周年企画シングル『愛の種』11/3配信限定リリース! 本人コメントも到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。