体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】上坂すみれ「POP TEAM EPIC」がアニメ・チャート連覇

【ビルボード】上坂すみれ「POP TEAM EPIC」がアニメ・チャート連覇

 TVアニメ『ポプテピピック』のオープニング・テーマで、上坂すみれの「POP TEAM EPIC」が“JAPAN Hot Animation”の2月19日付チャート(集計期間:2月5日~2月11日)で2週連続の首位に立った。

 「POP TEAM EPIC」は先週に続きダウンロードで1位を獲得。他にもルックアップとストリーミングで2位、動画の再生回数で3位、ラジオの再生回数で4位、セールスとTwitterで5位とすべての指標でTOP5に入るポイントをバランスよく積み立てている。『ポプテピピック』は放送開始直後から大きな話題となっているが、楽曲への注目度も高いことが窺える結果となった。

 そして、4位にチャート・インしたのはフジテレビ系アニメ『ONE PIECE』主題歌で安室奈美恵が歌う「Hope」。同曲は、夢や希望に満ち溢れるアニメの内容をイメージして書き下ろされた楽曲で、配信が解禁されダウンロードでは2位を獲得した。

 また、3位のMYTH & ROID「HYDRA」(TVアニメ『オーバーロードII』ED)から5位の坂本真綾「CLEAR」(TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』OP)までは総合ポイントがわずかな差でひしめき合う接戦。特にどの曲もダウンロードのポイントが高く、チャートの総合順位でも配信やストリーミングのデジタル領域が大きなカギとなっていることがわかる。間もなく世間が春休みシーズンに突入すると映画などの公開も増えてくることが予想されるが、どの映画の楽曲が注目を集めるかも楽しみである。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「POP TEAM EPIC」上坂すみれ 
2位「打上花火」DAOKO×米津玄師
3位「HYDRA」MYTH & ROID
4位「Hope」安室奈美恵
5位「CLEAR」坂本真綾
6位「Topaz Love」KinKi Kids
7位「ドラえもん」星野源
8位「DESTINY」KinKi Kids
9位「SHINY DAYS」亜咲花
10位「You」May’n

関連記事リンク(外部サイト)

2月19日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】話題の『ポプテピピック』で上坂すみれが歌うOPがアニメ・チャート初登場首位
南條愛乃×上坂すみれ カバー飾る『My Girl』小倉唯/楠田亜衣奈/水瀬いのり/大橋彩香ら撮り下ろしも

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。