体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホアプリで音量・音質を自在に調整 スマート補聴器『リサウンド』が役立ちすぎる

日本で難聴や聴力の低下に悩む人は1,430万人いるといわれており、日本の総人口の11.3%となる(※1)。さらに高齢化の一途を辿る昨今、老人性難聴の有病率は男性の場合、70〜74歳で約半数にも上り(※2)、高齢者の直面する症状のひとつとなっている。

それに伴い、ニーズが増加しているのが補聴器だ。こういった問題を抱える人にとって補聴器は社会生活を営むうえでとても重要な助けとなるが、一方で課題もあるようだ。

従来の補聴器では、後方からの音声を拾いづらく、周囲との距離感を掴めないケースも少なくなかった。かといってむやみに音量を上げれば、「聞こえたくない雑談まで聞こえてしまう」「大声で話しかけられると驚いてしまう」といった別の問題が発生する。納得いくまで専門家による調整を受けたいところだが、そのためには店頭に何度も足を運ばなければならない……。

そうした課題をITのチカラで解決する次世代型の補聴器が登場し、注目を浴びている。スマートフォンを介して操作できるスマート補聴器「リサウンド・リンクス3D」だ。

専用アプリからクラウドに接続、課題を解決する「スマート補聴器」

世界的な補聴器メーカー「GNヒアリング」の日本法人から発売された「リサウンド・リンクス3D」は、補聴器をスマートフォン(iOS/Android)の専用アプリと接続し、Bluetoothを通じて音量・音質などを調整できるスマート補聴器だ。

従来の課題を解消するべく、「リサウンド・リンクス3D」では、音量・音質を専用アプリ上から詳細に設定し、Bluetoothを通じてすぐさま補聴器に反映できる。アプリの仕様もシンプルなので、高齢者でも操作性は心配ない。

さらにはクラウドを経由した遠隔操作によるサポート体制を整え、何度も店舗に行かなければならない問題にも対処してみせた。

クラウドを通じて遠隔サポート

さまざまな機能を持つ「リサウンド・リンクス3D」だが、なかでも遠隔で調整や設定を行う「遠隔サポート」は利用者にとって大きなメリットとなる機能といえるだろう。自宅にいながら専用アプリを通じ、販売店にいる専門家のサポートを受けられるのだ。


遠隔サポートのリクエスト画面

依頼方法は簡単で、「聞こえ」に関するアンケートに答えるだけ。専門家はそれを受け、アプリでは調整できない根本的な設定を変更したり、調整用のプログラムを作成・送信してくれる。また、こうしたサービスはクラウドを経由しているため、専門家は現在の設定や使用履歴も参照できる。

環境に応じて「聞こえ」を自動で調節

従来の補聴器では、環境によって「聞こえ」が左右されるのも課題だった。静かな場所と、騒がしい場所では当然ながら「聞こえ」も変わる。場所によって誰がなにを話しているのか判別しづらくなってしまうことがあるのだ。

こうした課題に対処するべく、「リサウンド・リンクス3D」は環境に応じて「聞こえ」を自動調節してくれる機能を備えた。「静かな場所」「騒がしい場所」など、環境の分類ごとに音量に調整してくれるため、快適な「聞こえ」を維持できるのだ。

ほかにも雑音を自動で抑制する機能もあり、使用者は場所を移動してもいちいち設定を変えなくていい。自動調節された「聞こえ」にしっくりこなくても、アプリ上から「レストラン」「屋外」などのシーン、「快適優先」や「会話優先」などの目的をタップで選択するだけで、音量・音質を最適化してくれる。また風の強い環境でも最大限快適に聞き取れるよう、風切り音を抑制できる機能が備わっているのも嬉しい。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy