体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座に“ラグジュアリー鍋”が楽しめる店がオープン!

旧銀座松坂屋別館をリノベーションした“BINO銀座”に、神戸牛しゃぶしゃぶ店「おもき 離れ」が2月15日(木)にオープンする。

2018年に「おもき」が提案するメニューは「ラグジュアリー鍋」。4種の選べる出汁と高級神戸牛しゃぶしゃぶを看板メニューとして提供する。

今回提供する4種の出汁を紹介しよう。ナポレオンが愛した、“王者のワイン”と呼ばれる「ジュヴレシャンベルタン」を使った出汁は、深いコクとタンニンが肉をさらに味わい深いものにする。“日本のロマネコンティ”と呼ばれる「獺祭」のスパークリングを使った出汁は、お米本来のほのかな甘みと香りが肉の旨みを引き出す。日本農業賞を受賞した岐阜県白川町産の白川茶を使った出汁は、渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴。お茶の香りと優しい渋みが肉をさっぱりさせる。南高梅入り黄金昆布だしは、温泉水で作ることで日高昆布の旨みがたっぷり溶け出し、その中に和歌山紀州の南高梅を入れている。

もちろん、しゃぶしゃぶ以外のメニューも充実している。生食用牛肉の取り扱い基準を満たした厨房だから提供できる神戸牛や但馬牛の赤身・霜降りの肉寿司や、牛刺し、タタキなどが揃っている。

銀座の真ん中で高級肉を使ったしゃぶしゃぶが味わえるなんて、なんとも贅沢な時間になりそう。ぜひ行ってみて!

『おもき 離れ』( http://www.omoki-hanare-ginza.com/ )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。