体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初代リーフがお買い得価格に! とはいえ中古のEVって大丈夫なの!? まぁ、ちょい乗りならOKでしょう!

▲内燃機関ではなく電気でモーターを動かして走行する電気自動車を中古車で選ぶことは、街乗り中心の人にとってベストな選択となるかもしれませんよ!

▲内燃機関ではなく電気でモーターを動かして走行する電気自動車を中古車で選ぶことは、街乗り中心の人にとってベストな選択となるかもしれませんよ!

新型の登場で初代の流通量が増える可能性大

航続距離が400km(※JC08モードでのカタログ値。実際の航続距離は250㎞前後になるようだ)まで伸び、様々な先進装備が搭載された電気自動車、新型リーフ。デザインも一新され、注目を集めていますね。これから、街で見かける機会も増えてくるでしょう。

▲Vモーショングリルを採用するなど、日産デザインのアイデンティティが組み込まれた新型リーフ

▲Vモーショングリルを採用するなど、日産デザインのアイデンティティが組み込まれた新型リーフ

そして同時に、初代リーフの中古車は流通台数が増えてくることが予測できます。

新車時価格300万円以上した初代リーフ

現在の中古車相場は……?

実はこの初代リーフが今、かなりお得な相場になっているんです。下記、2018年1月30日時点の価格帯をご覧ください。

●航続距離200kmの前期型(2010年12月~2012年10月生産):40万~100万円

●航続距離228kmの後期型(2012年11月~2017年9月生産):70万~170万円

●航続距離280kmの30kWhモデル(2015年11月~2017年9月生産):130万~250万円

※JC08モードでのカタログ値。実際の航続距離は異なる

もちろん、「6年落ちで車両本体価格50万円以下」という状況の中古車は、他車種でも存在しますが、リーフの中古車は総じて走行距離が少ないことが特徴です。例えば、2011年式、走行距離3万km未満で車両本体価格50万円以下という物件も。

▲こちらは、カタログ上の航続距離が280kmまで伸びたときに登場したエアロスタイルの初代リーフ

▲こちらは、カタログ上の航続距離が280kmまで伸びたときに登場したエアロスタイルの初代リーフ

これを見て「リーフの中古車って大丈夫なの……?」と感じる人もいるようですが、リーフの中古車相場が安いのには予想できる理由がいくつかあります。

1:中古車としての歴史が浅い

中古車相場は、その車を欲しいと思う人の数(需要)=人気と、流通量(供給)のバランスで決まります。電気自動車はガソリン車やハイブリッドカーに比べると中古車としての歴史が浅く、車を買い取るお店が需要をつかみにくい状況。そのため、買い取り(下取り)額が抑えめになることが多くなり、その分販売価格も安めになっているのです。

2:新車購入時に高額の補助金が出る

リーフは「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」の対象車となっていて、新型の場合、購入時に40万円(2017年12月時点)の補助金が出ます。つまり、諸費用やオプションを一切無視すると、新車価格315.036万円の新型リーフ Sは実質275.036万円で購入できる計算です。そうなると、旧型の高年式の中古車はそれより安い価格にしないとうまみがまったくないことに。実際、2017年式の旧型を見ると走行0.2万~0.3万kmのものがだいたい250万円前後の値になっています。つまり、さらに年式が低いものは高年式車につられる形で相場が安くなっているのです。

3:初代の初期モデルが市場に大量に出てきた

先ほど記述した「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」を受けた場合、一定期間の保有義務が発生します。現在は3年ないし4年となっていますが、旧型リーフが登場したときは6年間の保有義務がありました。2010年12月から販売が始まった旧型リーフは2016年12月から保有義務を終えたものが中古車市場に一気に出てきました。その結果、供給が需要を上回り、中古車相場が安くなっていると考えられます。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会